タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 初夏の「房総のむら」でキビタキなどを探して

<<   作成日時 : 2016/05/25 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

画像” 関東ふれあいの道” の 「古墳をたずねるみち」 の コース のうち、JR成田線下総松崎駅前をスタートして、坂田ヶ池総合公園の坂田ヶ池畔から、「房総のむら」 の遊歩道を通って、風土記の丘資料館 までの 約 3qほどを巡って、探鳥しました。
キジ、カルガモ、コゲラ、ヤマガラ、シジュカラ、ツバメ、ウグイス、エナガ、メジロ、オオヨシキリ、キビタキ、カワラヒワ など、19種を確認しました。 (5/17)



今日は生憎の雨、それでも予定していたので JR総武線千葉駅から 8:21発 成田行に乗車して、先ずは成田駅に向かった。

8:56 成田駅に到着、9:15発 成田線我孫子行に乗換えて、9:21 下総松崎駅 (写真 A) で下車した。 下総松崎駅は、明治 34年8月10日 開業、駅舎 (写真 B) は 開業した当初のものなのか? レトロ な木造の建物でした。

画像
画像

駅舎内には、昨年 (2015/5/14) 行った時にも見られたが今年も ツバメ が営巣中で、親鳥 ♂♀ が交替で抱卵?( 巣の中からは雛の鳴き声は聞こえなかったので ) していた。

画像

JR下総松崎駅の改札口を出ると、駅前には 首都圏自然歩道 の愛称である ”関東ふれあいの道” の 「古墳をたずねるみち」 、「水鳥のみち」 の 2つの コース案内板 (写真 C) があった。

今回は、「古墳をたずねるみち」 コース ( JR下総松崎駅前から、坂田ヶ池総合公園の坂田ヶ池、「房総のむら」、龍角寺、滑河観音前までの全長 15.2q ) のうち、 JR下総松崎駅前から、坂田ヶ池総合公園の坂田ヶ池畔を通って、「房総のむら」 の風土記の丘資料館 までの 約 3qほどを巡る予定です。

画像

まだ雨が降り続いていたが、10:10 下総松崎駅前を スタート、駅前から 県道18号 成田安食線に出て間もなく 右折、真直ぐ伸びる 農道 (写真 D) へ向かった。

画像

農道の両側にある水田では既に田植えが済んでおり、畦道には カルガモ が羽を休め、遠くから オオヨシキリ の甲高い鳴き声が聞こえた。 農道から 車道に出て約 400mほど坂道を進んだところから左折、約 200mほどで 坂田ヶ池畔にある 坂田ヶ池総合公園駐車場 (写真 E) に到着した。

備考 : 坂田ヶ池総合公園は、成田市が平成元年度のふるさと創生事業をきっかけとして、坂田ヶ池を取り囲む地域に、キャンプ場、ジャンボスライダー、水生・湿生植物園、芝生広場、野鳥観察舎などを整備して、豊かな自然と水に親しめる市民の憩いの場として開園した 総合公園 とのこと。

画像
画像

10:30 相変わらず雨が降り続いているためか、坂田ヶ池総合公園駐車場にも人影はなかった。
坂田ヶ池畔の南岸にある ガゼボのある遊歩道 (写真 F) を進み、浮き橋 (写真 G) を渡って対岸(北側)に出た。

画像

途中の遊歩道を歩いていると、池には カルガモ、斜面林では コゲラ、ヤマガラ、シジュカラ、ヒヨドリ などが見られ、さらに池畔の草藪では アヒル (写真 @、H) が近くで見られた。

ご存知の アヒル は、「 中国で マガモ を飼育して家禽化したもの。 日本、イギリス、フランス、オランダ などでさらに改良して いろいろな品種がつくりだされ、さらに交配して様々な羽色のものがある。 この中で、マガモ によく似ているものを一般に アオクビアヒル と呼ぶ。 」 とのこと。

画像

浮き橋を渡った先にある急坂を上って、「房総のむら」 に出た。 目の前には、6〜7世紀の古墳で周囲に 埴輪 (写真 I) が配置された 築造当時の姿を再現したという 復元古墳 ・第101号古墳 が現れた。
「房総のむら」 と その周辺には、114基からなる古墳群があり 「龍角寺古墳群」 として国史跡に指定されており、古墳群の中には 一辺が 78 m、高さ 13.2 m の全国最大規模の方墳である 岩屋古墳 もあるとのこと。

第101号古墳の先にある 「あそびの広場」 には、明治 32(1899)年に建てられた 旧学習院初等科正堂 ( 国重要文化財 )が移築され、さらに進むと 旧平野家住宅、旧御子神家住宅 などの文化財の民家建築が移築公開されている。

画像
画像

さらに遊歩道を進んで行くと、左側に雑木林の間から 遠く 印旛沼 が見える場所もあるとのことだが、生憎の雨で霞んで殆ど見えなかった。 古墳広場の近くにある 四阿と小さな沼 の畔を巡って、風土記の丘資料館前へ向かった。 途中、白花が上向きに咲く ヤマボウシ (写真 J) 、白花が下向きに咲く エゴノキ (写真 K) などを見ることができた。

画像

雑木林の奥の方から、キビタキ の鳴き声が聞こえた。 姿を見たいと頑張って探したが、残念ながら見つけることができなかった。 参考まで、以前 (2010/6/17) 軽井沢で撮った キビタキ の 写真 L を貼付しました。

風土記の丘資料館前に到着、雨はだいぶ小降りになったが、まだ降り続いていた。
姿は見られなかったが キビタキ も確認できたので、ここで探鳥を終えた。 なお、今日 確認できた野鳥は、キジ、カルガモ、キジバト、アオサギ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、キビタキ(鳴き声)、スズメ、カワラヒワ の 19種でした。(番外 アヒル、コジュケイ、ドバト)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「ぼうそうの村」雨で残念でしたね。それでも、しっかりと19種確認とのこと感心しています。因みに当日私は市内の散策会の予定でしたが雨天中止で家でぼんやりしていました。ぼうそうの村散策は9月末に行う予定です。
 昨日家の近くの家庭菜園に行っていたら遠くからホトトギスの声、近場からはコチドリの声(姿も)が聞こえてきました。どちらもお初でした。世の中は、ばたばたと色々変わっても鳥たちは忘れずに戻ってくるのですね。
junabe
2016/05/26 17:58
junabe さん コメント 有難うございます。
来月17日には、千葉ニュータウンを予定しています。 ホトトギス、コチドリ、それと サシバ が見られることを期待していますが、大丈夫 見られそうですね。
お身体の調子は如何ですか?、ご都合がよろしければ是非お逢いしたいですね。
takechann
2016/05/26 21:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初夏の「房総のむら」でキビタキなどを探して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる