タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自然教育園で野草やカワセミなどを楽しんで

<<   作成日時 : 2016/06/04 07:00   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像東京都港区白金台にある 国立科学博物館附属 ・自然教育園で、様々な樹木、野草、野鳥、昆虫などを観察した。
なかでも 「5月21日早朝 カワセミが巣立ちました。」 とのことで、親鳥が雛に餌を運ぶ様子が見られた。 (5/22)



国立科学博物館附属 ・自然教育園は 「今から 4〜500年前の豪族の館がはじまりで、江戸時代には高松藩主松平頼重の下屋敷、明治時代は陸海軍の火薬庫 、大正時代には白金御料地と歴史を重ねてき。 また、この間は一般の人々は中に入ることができなかったため豊かな自然がここに残された。 昭和 24年に全域が天然記念物 および史跡に指定され、一般に公開されるようになった。」 とのこと。
また 「都心の中にあって、豊かな自然が残されている 面積 約 6万坪の 自然教育園 (写真 A) は、四季折々の植物群とそれらに集まる昆虫や野鳥、池沼に飛来するカモ類など見所が多い。」 とのこと。 (注 : 写真 A は、自然教育園のHPの画像から 貼付させて頂きました。)

画像

これまで冬季 1月に出掛けた時は、様々な植物群は勿論のこと ノスリ ( 2012/01/29) (写真 B)、アカゲラ ( 2013/01/31) (写真 C) などの野鳥も見ることができた。

画像
画像

この初夏の時季には、どんなものが見られるのか? 出掛けることにした。
なお、自然教育園のHPの 「見ごろ情報 2016/5/19 生物記録情報」( 植物の開花リスト、園内の見ごろ情報、動物 〔クモ類〕、〔昆虫類〕、〔鳥類〕 など ) を確認させて頂きました。

画像
画像

JR総武線西船橋駅で東京メトロ東西線に乗換え、大手町駅で さらに都営地下鉄三田線に乗換えて白金台駅で下車、1番出口から目黒通りに出て、約 7分 〜 ほどで自然教育園の正門へ。

受付で橙色のリボン を受け取り、備え付けの 国立科学博物館附属 ・自然教育園の リ−フレット、「自然教育園の四季 」 (写真 D)「自然教育園 見ごろ情報 ・2016/5/19 」 (写真 E) を頂き入園した。

画像

園内の散策路を進むと、「5月21日(土)早朝 カワセミ が巣立ちました」 との 案内板 (写真 F) があった。

 ひょうたん池
画像

先ずは、カワセミの居る 「ひょうたん池」(写真 G) へ向かった。
( なお、路傍植物園、水生植物園、武蔵野植物園 などの観察状況は、この後に纏めて紹介します。)

画像
画像

親鳥(成鳥)のカワセミ (写真 @、H、I) は、巣立ちした雛(幼鳥) 2羽 にせっせと餌を運び、近くを飛び回る ハシブトガラス の警戒も行なっていた。 なお、園内では カワセミ の他にも コゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、スズメ、 などが見られ、さらに樹木の上で アオダイショウ も見られた。

 路傍植物園、水生植物園、武蔵野植物園 など
画像
画像

園内には、路傍植物園、水生植物園、武蔵野植物園、江戸時代の下屋敷の名残といわれる 「物語の松」、 「おろちの松」、「ひょうたん池」、 「いもりの池」、「水鳥の沼」、「館跡」、「土塁」、「森の小道」 などがある。

道ばたに生育している植物が見られるという 路傍植物園では、若い実をつけた フタリシズカ (写真 J) や、葉を揉むと臭い匂いのする ハマクサギ (写真 K) の花なども見られた。

画像

武蔵野の雑木林? を感じさせる 緑のトンネル (写真 L) を進み 武蔵野植物園 へ。

画像
画像

武蔵野植物園では、白い花びらのように見える総苞片をつけた ヤマボウシ (写真 M)、伸びかけた芽が鳥の足に見えるというので名付けられたという トリアシショウマ (写真 N) の白い花 などを見ることができた。

画像
画像

池や湿地に生育する植物、動物 (クモ類、昆虫類、鳥類 ) などが見られるという 水生植物園 では、昔 武将が指揮をとるときに使った采配に似ることから名付けられたという サイハイラン (写真 O) の淡紫褐色の花、ウツギの仲間で マルバウツギ、コゴメウツギ の花、そして ヤマアジサイ の花なども見ることができた。
また、シオカラトンボ (写真 P) や、いろんな蝶なども見ることができた。 今回はここまでとして、自然教育園を後にした。

なお、 「見ごろ情報 2016/5/19 生物記録情報」 では、動物 〔クモ類〕 ササグモ、オオシロカネグモ 〔昆虫類〕 カメムシ類 … アメンボ、モモコフキアブラムシ、トンボ類 … クロスジギンヤンマ、チョウ類 … アオスジアゲハ、クロアゲハ、カラスアゲハ幼虫、モンシロチョウ、ムラサキシジミ、アカシジミ、ツマグロヒョウモン、コミスジ、キアシドクガ、甲虫類 … ナミテントウ、トホシテントウ、キイロクビナガハムシ、ハチ類 … セグロカブラハバチ、ハエ類 … ホソヒラタアブ、ヒメヒラタアブsp. 、ヒラタアブsp. 〔その他〕 アオダイショウ、クサガメ、メダカ、モツゴ、スジエビ、アメリカザリガニ が見られるとのこと、日を改めて観察したいと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた 驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自然教育園で野草やカワセミなどを楽しんで タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる