タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS アオバトを見に大磯 ・照ヶ崎海岸へ

<<   作成日時 : 2016/07/09 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

画像アオバトは 「森林性の鳥で、開けた場所に出ることは少ないが、初夏から秋には塩分をとるために海岸に出て海水を飲む。」 とのこと。
神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸は、アオバト集団海水吸飲飛来地 として 神奈川県の天然記念物 に指定されており、アオバトを見るにはいい場所でもあり、出掛けることにした。 (7/07)



以前 (2014/3/09)、千葉市花見川沿いの公園で アオバト 1羽 を見ることができた。
どうしてこんな処でと思いながらも、間近でじっくり見ることができた。
なお アオバト は、翌日には姿が見られなかったとのことで、どこかに移動する途中で、ちょっと羽を休めていた所を偶然にも出合ったものと思われる。
私は、残念ながら 興奮と感激のあまり ? 写真を撮ることができなかったが、冷静に撮影できた 友人の Sさんの ご厚意で、その時の アオバト (写真 A、B) の写真を頂くことができたので、ここに貼付した。 ( 感謝!、感激です。)

画像
画像

JR総武・横須賀線快速電車に乗車して先ずは東京駅で途中下車、東京駅構内の 「銀の鈴」 (写真 C) の前に移動して、8:00 まで 鳥仲間 を待つことにした。 ( 「銀の鈴」の前では、三越伊勢丹旅行の添乗員?もお客さんを待っていた。)

画像

今日の天気予報では 「関東から九州は晴れる所が多い」 とのこと。 8:00 までには鳥仲間 三十数名が集まった。
8:30 過ぎ、東京駅 I番線から東海道線各駅列車に乗車して、大磯駅に向かった。

なお、千葉市花見川沿いの公園で出合った アオバト の写真を頂いた 友人の Sさんからは、照ヶ崎海岸に飛来するアオバトについて記載した 「早朝に飛来、海水でナトリウム補給? アオバトの謎」 ( 2015/7/8付け 毎日新聞に掲載) の カラーコピー資料 を 参加者全員頂きました。 誠に有難うございました。

画像

「アオバト は、10 時頃 までが見頃 」 と記載されている資料 (* 注) もあり、10:00 頃 大磯駅前 (写真 D) から 照ヶ崎海岸 に急いだ。

*注 : 大磯町観光協会発行の 大磯観光ガイドマップ 〜 歴史と味の散歩路 〜 には 「アオバトは、5月初旬から 10月頃まで 照ヶ崎海岸に飛来し、ピークは 7月 〜 8月、海岸でアオバトに出合える時間は、日の出から 10時頃 と 夕方の時間帯です。」 とある。

画像

神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸と言えば日本最初の海水浴場で、明治18 (1885 )年に大磯海水浴場として照ヶ崎海岸 に開設されたことで有名です。 その大磯海水浴場の開設 50周年を記念して作成 ( 昭和10 (1935)年 印刷 ) された ポスター (写真 E) が、大磯町郷土資料館で展示されていたものを 以前 (2008/9/15) 見たので参考まで貼付した。

大磯駅前のバス道路を右側へ、聖ステパノ学園前を通り、大磯小学校前で左折、愛宕神社脇の切り通しを進み、国道1号線に出た。 その右角には、島崎藤村や吉田茂などにも愛されたという 和菓子の老舗 「杵新」 があり、その前を横切り、坂を下って西湘バイパスの高架下の 照ヶ崎歩道橋 を渡り、町営照ヶ崎プール側の護岸に出た。

画像
画像

そこには 「大磯 照ヶ崎のアオバト集団飛来地」 の案内板 (写真 F) もあり、その先には 「日本の渚百選」 にも選定されている 照ヶ崎海岸 (写真 G) が広がり、そこには数人の バードウォッチャー ? 、カメラマン ? が アオバト を待っていた。

暫らくすると、期待していた アオバト (写真 @) が ♂♀ の 2羽 飛来、次は 6羽、その後 8羽 と、小さな群ればかりでしたが 約 1時間ほどで 16羽ほどが見られた。

画像
画像
画像

タイミングが合えば、一つの群れが 15 〜 50羽、あるいは 100 〜 500羽 ものアオバトが観察されることもあるとか。 大磯町観光協会 のホームページ には、木原秀雄氏 から提供されたというアオバト の写真が掲載されており、その中から 一度に多くの数で飛来した アオバト(写真 H、I、J) が撮影されている 3枚ほどを 参考まで (今日は写真 @ しか撮れなかったので) 貼付させてもらいました。

画像
画像

照ヶ崎海岸 (写真 K、L) では、他に カワウ、ウミウ、ウミネコ、セグロカモメ、沖合には オオミズナギドリ が飛び交っているのが見られた。 11:15 頃、アオバト の飛来もぱったりと見られなくなり、さらに暑さも厳しく 熱中症も心配になったので、ここ照ヶ崎海岸で探鳥を終え、今日見た鳥の確認 (鳥合わせ) を行ない、散会した。
なお、鳥合わせの結果は、アオバト、オオミズナギドリ、カワウ、ウミウ、ウミネコ、セグロカモメ、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ の 16種 (日本野鳥の会千葉県 照ヶ崎平日探鳥会) でした。

画像

帰りに、明治11(1878)年に創業したという 大磯 井上蒲鉾店 (写真 M) に寄って、名物の かまぼこ、はんぺん、さつまあげ の中から、「つなぎを使わず グチ (イシモチ) の身だけで作った魚の旨みが凝縮された真に価値のある極上の逸品 」 といわれる かまぼこ を購入して、大磯駅に向かった。 皆さん、今日は大変お世話になり 誠に有難うございました。

追記 : 7日は 「関東や西日本などは、高気圧に覆われて広い範囲で晴れ、朝方から気温が上がった。」 とのことで、甲州市で 38.8度、都心でも 36.7度、横浜市で 34.9度、千葉市で 33.9度 などと 猛烈な暑さで、全国 419 地点で 30度以上の真夏日となり、そのうち 51地点で 35度以上の猛暑日になったとのこと。(気象庁)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アオバトを見に大磯 ・照ヶ崎海岸へ タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる