タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉市動物公園で野鳥を探そう

<<   作成日時 : 2016/08/08 07:00   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

画像関東甲信地方もやっと 7月28日 に梅雨明けした。 千葉市でも 翌29日からは 30度を超える日が続き、8月2日は 29.2度と 30度を幾分下回ったものの 3日も 32度でした。
今日も暑くなりそうだが、暫らくぶりの千葉市動物公園で野鳥?を探そうと出掛けることにした。 (8/04)



資料によれば、千葉市動物公園は 「上野動物園の約 2.5倍の広さ (約 34ha) 。 園内は楽しく遊べる 動物科学館 をはじめ、モンキーゾーン、子ども動物園、小動物ゾーン などの 7つのゾーンに分かれ、約145種、762点の動物が自然に近い状態で飼育されている。 小動物などは手で触れることもでき、自然との接触が楽しめる。」 とのこと。

JR千葉駅で千葉都市モノレールに乗り換え、動物公園駅に向かった。
千葉都市モノレールの千葉駅を出発した懸垂方式 ・2両編成の車両は、左下に千葉公園の綿打池や大賀ハスが見られるハス池や蓮花亭が見え、千葉公園駅、作草部駅、天台駅、穴川駅、スポーツセンター駅 を過ぎ、間もなく動物公園駅に到着した。 改札口を出て、動物公園の正門 (写真 A) に通じる連絡橋を進み入口へ。

画像

入口で 「千葉市動物公園のリーフレット」 (写真 B) を頂いて、入場した。

画像
画像

「千葉市動物公園のリーフレット」 の中には、園内案内マップ (写真 C) があり、それを参考に先ずは 大池 へ。

画像
画像

大池では、池畔に 「大池で見られる鳥たち」 案内板 (写真 D) があり、その中には一年中みられる鳥として カルガモ、カワセミ、アオサギ、カイツブリ とあったが、見られたのは カルガモ (写真 @) 1羽 だけでした。
注 : 「大池で見られる 鳥たち 」 とあるが、私見ですが 「大池で見られる 野鳥たち 」 としたらどうでしょうか。 斜面林に覆われた大池は、網 ・ネットで覆われているわけでもなく、カルガモ、カワセミ、アオサギ などの 野鳥たち が大池に自由に出入れしているのでね。 )

また、大池には 白い花を付けた スイレン (写真 E) が池面の殆どを覆っていた。

画像
画像
画像

次に、鳥類・水系ゾーン へ。
ここは網 ・ネットに囲まれた 鳥たち ですが、楽しみにしている場所だ。 シジュウカラガン (写真 F)、ツクシガモ (写真 G)、タンチョウ (写真 H)、他に アカツクシガモ、マガモ、オシドリ、ヨシガモ、アカハシハジロ など、様々な 鳥たち が見られた。

画像
画像

それと、千葉市動物公園の人気者の一つ、「動かない鳥」 として有名な ハシビロコウ (写真 I、J)、相変わらずの身動き一つしない姿には暑さも忘れて見入ってしまった。

画像
画像

フラミンゴ (写真 K)、ペンギン (写真 L) なども面白い。
動物科学館では、シロガオマーモセット、コウモリ などの小さな動物、鳥のゲージでは、オニオオハシ、カンムリバト、オウカンエボシドリ など、南国の色とりどりの小鳥が樹間を飛び回っているのが見られた。

画像
画像

画像
画像

他にも、モンキーゾーン、子ども動物園、小動物ゾーン、家畜の原種ゾーン、草原ゾーン などで、動物園の常連?のライオン、ゾウ、キリン、カンガルー (写真 M)、ウシ、ウマ、ヤギ (写真 N)、レッサーパンダ (写真 O)、ハゴロモズル、最近話題になっているという ホオジロカンムリズル (写真 P) などを見て、千葉市動物公園を後にした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい
ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
8日午後3時、天皇陛下の国民に向けたビデオメッセ―ジでの「お言葉」のテレビ放映があり、「高齢となった天皇の望ましい在り方」についての考えを発表された。
なお、9日の新聞(朝刊)には、「生前退位を示唆」、「象徴の務め困難に」、「高齢 ・手術で体力低下」 などの見出しで記載されていた。
タケちゃんの散歩道
2016/08/10 18:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
千葉市動物公園で野鳥を探そう タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる