タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 花の美術館から稲毛ヨットハ―バーまで散策して

<<   作成日時 : 2016/09/02 07:00   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

画像稲毛海浜公園内にある 「千葉市花の美術館」 から 「稲毛ヨットハーバー」 まで散策して、様々な花や、ダイサギ、ウミネコ、イソヒヨドリ などを見ることができた。 (8/30)


千葉市美浜区にある「稲毛海浜公園」は、球技場、野球場、屋内運動場、テニスコート、稲毛海浜公園プール、バーベキュー場、多目的広場、千葉市花の美術館 、浜の池、磯の松原、いなげの浜、芝生広場、稲毛記念館、茶室 「海星庵」、野外音楽堂、稲毛民間航空記念館、ヨットハーバー など、盛沢山の施設がある 総面積 83.3ha の総合公園である。

今日は、この稲毛海浜公園内の 「千葉市花の美術館」 (三陽メディアフラワー ミュージアム)、 「浜の池」、「稲毛記念館」、「ヨットハーバー」 まで散策する予定です。

 「千葉市花の美術館」 へ
JR総武線稲毛駅西口から、海浜公園プール行の海浜交通バスに乗車して、「花の美術館」バス停で下車した。
画像
画像

バス停の前にある 「千葉市花の美術館」 (三陽メディアフラワー ミュージアム) の 花の門 (写真 A) から入ると、前庭花壇、温室棟、展示棟 (写真 B) などがあり、さっそく館内へ。

画像

館内に入ると、「花の美術館だより」Vol 54 (写真 C) にも記載されているが、1996(平成 8)年 4月2日に開館した 「花の美術館」 は 今年 4月に 20周年を迎え 記念感謝祭を実施中で、特別企画として様々なイベントを予定しているとのこと。

画像
画像

館内のアトリウムフラワーガーデン、温室などをめぐり、様々な花々 (写真 D、E、F、G) などを楽しんだ。

画像
画像

この後、「千葉市花の美術館」を出て、隣接する 「浜の池」へ向かった。

 「浜の池」 へ
「浜の池」 (写真 H) には、様々な野鳥 ( 季節により オナガガモ、ダイサギ、コサギ、ユリカモメ、カワセミ など) が見られるのですが、今日は何も見ることが出来なかった。
画像

 「稲毛記念館」 へ
「浜の池」から、西側に暫らく進んだ所にある 「稲毛記念館」 (写真 I) へ立ち寄る予定でしたが、都合により変更して 芝生広場 (写真 J) を横切り 「稲毛ヨットハーバー」 へ向かった。
画像
画像

備考 : 「 稲毛記念館 は、稲毛の歴史 ・風土などを知ってもらう 展示施設で、映写室、文化 ・教養の向上を図る場としての会議室や茶室・和室、視界 300度の総ガラス張りの展望室 ( 3階) などがある。 また、稲毛記念館に隣接して回遊式の日本庭園があり、本格的な茶会が楽しめる茶室 「海星庵」 がある。」 とのこと。

 「稲毛ヨットハーバー」 へ
芝生広場を横切り、松林沿いの遊歩道を進み いなげの浜 (写真 K) に出ると、東南東〜 側には京葉工場群が、 西北西 〜 側には 東京スカイツリー (写真 L) などが見られた。
画像
画像

いなげの浜や防波堤では数羽のウミネコが飛んでいるのが見られたが、期待していた コアジサシ は見られなかった。

画像

さらに進み、草野排水機場の近くで アオサギ 1羽、ダイサギ 1羽、、ウミネコ 25羽+、イソヒヨドリ ♀若鳥 1羽 (写真 @、M) が見られた。

画像
画像

草野排水機場の先にある 「稲毛ヨットハーバー」 (写真 N、O) に到着した。
ここは 「市民の皆様が海に接することができるように、海に対する理解と興味を深め、海洋思想の普及と海洋スポーツの振興を図るため 」 に設立したとのこと。

散策後に、ここ 「稲毛ヨットハーバー」 の 3階にある イタリアンレストラン 「ヴェスプチ」 でランチを予定していましたが、残念ながら今日は休館日(毎週火曜日)、忘れていました。 「ヨットハーバー」 前を始発とする JR新検見川駅行のバスに乗車して、帰途についた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
明日8日 夫婦で探鳥会楽しみにしてましたが、天候が悪い様で残念
ja1naa
2016/09/07 18:13
ja1naa さん 有難うございます。
台風13号から温帯低気圧に変わるとのことですが、その後も大雨を降らせる可能性があるとのこと。
残念ながら 実施は無理と思われますね。
takechann
2016/09/07 19:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
花の美術館から稲毛ヨットハ―バーまで散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる