タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 富山県高岡市、氷見市、富山市を旅して (続)

<<   作成日時 : 2016/11/21 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 「富山県高岡市、氷見市、富山市を旅して」 と題して、 前回 (11/16 ) JR東京駅から北陸新幹線に乗車して新高岡駅に到着、高岡市内の知人宅で昼食をご馳走になった後、今晩宿泊する宿(氷見市島尾)へ皆さんと移動したところまで紹介した。
今回は、その宿でのキトキトな海の幸などの夕食と朝食、天然温泉100%のお風呂、翌 10日の 富山湾越しの雄大な立山連峰と雨晴海岸の光景、富山市内観光などを紹介します。 (11/9、10)



JR高岡駅から、氷見線氷見行に乗車して今晩宿泊する宿の最寄り駅の島尾駅で下車した。
宿は、「 富山湾で水揚げされた獲れたての キトキト ( 富山弁で「新鮮な」、「生き生きした」の意味 ) な海の幸の料理、天然温泉100%のお風呂、さらに富山湾越しに見える雄大な立山連峰などの光景が自慢 」、さらに 「 島尾駅から徒歩 3分、日本の水浴場 55選 (環境省) に選定されている 「島尾・松田江浜海水浴場」 まで 90秒 」 という。

島尾駅から、約 5分ほどで島尾海浜公園に隣接した場所にある宿に到着した。
早速、夕食前に 宿自慢の天然温泉100%のお風呂に入り、これまた 富山湾で水揚げされた獲れたてのキトキトな海の幸などを楽しむことにした。

画像
画像

さすがに自慢の海の幸、魚好きにはたまらない 様々な 魚料理 (写真 A、B) 、さらには良質の水に恵まれた富山の酒 「勝駒」 などを 大変美味しく、お腹いっぱいに頂いた。 ( 食べるのに忙しく 写真が撮れなかったが、「旅パンフレット」 写真 A、B に掲載されている 海の幸 を ほとんど食べ尽くしたので、その写真を貼付させて頂きました。)

画像
画像

(翌朝) 6:30 頃、宿に隣接している 島尾海浜公園、さらには 島尾海水浴場 (写真 C) の砂浜を散策した。
その砂浜からは、うっすらと 「富山湾越しに見える雄大な立山連峰などの光景」 (写真 D) を見ることができた。

画像

観光パンフレットには、写真 E のような雄大な立山連峰などの光景 が見られるとのことだが、うっすらとしか見られず残念でした。

画像

それでも砂浜には、20羽ほどの シロチドリ (写真 F)、1羽の セグロカモメ を見ることができた。 ( なお、写真 D の砂浜には、20羽ほどの シロチドリ が羽を休めているのが写っていますよ。)

7:30 頃、宿に戻って朝食、これまた美味しい料理に満足した。
食後は談笑 ・ ゆっくり休んだ後、9:30 チェックアウトを済ませて島尾海浜公園 を通って、島尾駅に向かった。

画像
画像

10:27 JR氷見線 島尾駅発の高岡行に乗車、途中の 雨晴駅 (写真 G) を通過して間もなく 「波が洗う奇岩と白砂青松が続く景勝の地」 の 雨晴海岸 (写真 H) が見られた。

画像

10:53 高岡駅に到着した。 駅構内には、「忍者ハットリくん」 のキャラクターが描かれた車輌 (写真 I) が見られた。
これは、「忍者ハットリくん」、「怪物くん」 などの作者 藤子不二雄 A 氏が氷見市出身だからとのこと。
高岡市〜射水市を結ぶ 路面電車 には、「ドラえもん」 が描かれた 「ドラえもんトラム」 が走っているが、こちらは 「ドラえもん」 の作者 藤子 ・F・不二雄氏は高岡市で生まれ、少年時代を過ごしたからとのこと。

高岡駅で、いろいろお世話になった 高岡市の知人に別れて、11:16 発の 「あいの風とやま鉄道」 富山行に乗換えて富山駅に向かった。 11:36 富山駅に到着した。 早速、富山ターミナルビルにある 「きときと市場 とやマルシェ」 で昼食した後、市内観光はタクシーで廻ることにした。

画像
画像

13:00 スタート、最初は富山市 民族民芸村の先にある長慶寺へ。
長慶寺の境内からは、富山市内の高層ビル群と雪を頂いた雄大な 立山連峰 (写真 J) が眺望できた。 さらに、江戸時代後期 60余年をかけて富山の人々が寄進し建立したという 五百羅漢 (写真 K) が 紅葉の中に見られた。

画像
画像

次に、富山市 民族民芸村にある 富山市売薬資料館、民芸合掌館 などを見学した後、越中の豪農であった 内山邸の邸宅、庭園 (写真 L)、さらに 北前船廻船問屋 森家 (写真 M) を見学した。

画像
画像

北前船廻船問屋 森家 を出て暫らく走行した後、富山市郷土博物館(富山城) (写真 @、N) を 巡った。

約 3時間 の市内観光を楽しんだ後、富山駅に戻った。 富山ターミナルビル 「きときと市場 とやマルシェ」 でお土産を買ったり、お茶をした後、帰りの 北陸新幹線 かがやき 512号 富山発 18:11 (写真 O) に乗り込み、東京駅には 20:24 無事に到着した。 皆様、大変お世話になりました。有難うございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
富山県高岡市、氷見市、富山市を旅して (続) タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる