タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 甚兵衛公園から、北印旛沼畔を廻って

<<   作成日時 : 2017/01/31 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

画像昨年末(12/25)、成田市北須賀にある甚兵衛公園から 北印旛沼畔まで散策して、カモ類が 13種、猛禽類が 5種、シギ・チドリ類は タゲリ、タシギ、イソシギ の 3種、他に ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ など、全部で 55種を確認することができた。
その後、ある場所で 多くの タゲリ と、ハイイロチュウヒ、コミミズク なども見ることができた。
これらは昨年のことですが、まだ掲載していなかったので ・ ・ ・ 。 (2016/12/25)



 甚兵衛公園から 北印旛沼畔へ
 
何時もは京成公津の杜駅前から、成田市役所前を始発とする 成田市コミュニティバスの 「甚兵衛渡し」 行に乗車して、終点の 「甚兵衛渡し」 バス停 で下車するのだが、今日は友人のご好意で京成線のある駅から車に乗せて頂き、 「甚兵衛渡し」 バス停前にある 甚兵衛公園 に向かった。

「甚兵衛渡し」と言えば、佐倉藩の過酷な年貢に苦しむ農民を救うため幕府へ直訴した佐倉惣五郎(宗吾ともいう)を、渡し守の甚兵衛が禁を破って対岸の吉高まで送った渡し場とのこと。

画像
画像

また、その渡し守の名を取った (千葉県立印旛手賀自然公園の一部 ) 公園が 甚兵衛公園 (写真 A) で、園内には 日本の名松百選 にも選ばれたという樹齢 300年を越える 松 (写真 B) が十数本? あり、他に 甚兵衛渡しの碑、水神社 などもある。

因みに、前年 (2015/12/27) の甚兵衛公園から北印旛沼畔 (今回も同じコース) では、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、タゲリ、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン の 50種 ( 日本野鳥の会千葉県 北印旛沼探鳥会 ) を確認、今回は如何だろうか 楽しみ。

画像
画像

9時、甚兵衛公園から探鳥をスタートした。

公園の東側にある春には菜花、秋にはコスモスなどが見られる畑沿いを廻り、甚兵衛広沼畔 (写真 C) へ出た。
対岸にある葦原には、その上空を トビ、チュウヒ、ノスリ などが飛んでいるのが見られた。 さらに、甚兵衛広沼の堤防を進み、成田新高速鉄道 (写真 D) (成田スカイアクセス線) の高架下を通り、国道 464号線を横切り、北印旛沼畔に向かった。 途中、沼畔の葦原や灌木で モズ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ホオジロ などが見られた。

画像
画像

北印旛沼畔 (写真 E) に出ると、遠く沼面の先に 筑波山 (写真 F) が見えた。 沼面では、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ、ミサゴ、チュウヒ、ハイイロチュウヒ、オオタカ、カワセミ などが見られた。

画像
画像

また、北印旛沼畔にある水田では、タゲリ (写真 @、G)、タシギ (写真 H)、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ などが見られた。

12時ごろ、北印旛沼畔で探鳥を終了して今日見た野鳥を確認する 「鳥合せ」 を行って、散会した。
見られた野鳥を全部記載すると、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、タゲリ、タシギ、イソシギ、ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ハイイロチュウヒ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ の 55種 ( 日本野鳥の会千葉県 北印旛沼探鳥会 ) でした。


 散会後、友人の ご好意により ある場所へ

画像
画像

1羽の頭の白い チュウヒ (写真 I、J) が土手に下りており、此方の出方を伺っているのか?暫らくのあいだ観察することができた。

画像
画像

こちらは田んぼに下りている タゲリ (写真 K)、どの位の群れか分からなかったが突然に飛び立った群れを見ると 7〜80羽ぐらいか?、写真 L には約 50羽が写っていた。

画像
画像

さらに、コミミズク 1羽 を見ることができたが、あまりにも遠く写真が撮れなかったので以前 (2012/3/6) 某所で撮った コミミズク (写真 M、N) の画像を参考まで貼付しました。

今回は友人の ご好意により、様々な野鳥に出合うことができ感謝しております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰をしております。
いつも懐かしい風景を楽しみに見せて頂いてます。
北印旛沼畔から遠くに筑波山が見えて・・。
沢山の野鳥もご覧になれて、コミミズクが可愛いですね(笑)
水面から吹く風は冷たかったことと思いますが、見事な写真を撮られましたね。
青空に飛び立ったタゲリの群れ、拡大して見せて頂きました。
毎年、明治神宮のオシドリを楽しみにしてますが、今年は残念でしたね。
南房総では、珍しいバクチノキの自然林や大きな株に咲いた見事なアロエの花を楽しませて頂きました。

2017/01/31 16:55
杏さん 懐かしいコメントを頂き、また 多くの気持玉を頂きまして、とても嬉しいです。
暫らくの間お休みだったので、如何したのかと心配しておりました。
今月17日に 「冬の裏高尾」 が見られて、本当にホッとしました。 これからも、裏高尾の花々など、楽しみにしておりますので見せてくださいね。 よろしくお願いしますね。
タケちゃん
2017/01/31 20:40
はじめまして!

おそらく探鳥会でお会いしている(?)中学生です。

確認して頂きたいのですが、撮られているハイイロチュウヒは大陸型のチュウヒじゃあないでしょうか?よろしければ確認お願いしますm(__)m
ぼくは土日に銚子の探鳥会に行く予定です。もしお会いしたら、是非!
ピッさん
2017/02/01 17:32
ピッさん コメントありがとうございます。お会いしていると思いますね。
ところで 〇〇チュウヒ のことですが、友人は 「白っぽいチュウヒ」 としてブログに載せています。
大陸型チュウヒは、頭、首、肩羽、外側初列風切、小雨覆が黒いほかは灰色で、腰が白いとのことですが、飛んだ姿が見られなかったので ? です。(大陸型の可能性もあり、友人の写真なども見せてもらい調べてみます。)
takechann
2017/02/01 20:57
初めまして。
頭の白い内陸型チュウヒ幼鳥と思います。あのあたりでよく見られています。
YAMA
2017/02/01 21:32
YAMA さん 有難うございます。
内陸型チュウヒ の幼鳥、そうでしたか。 謎が解けて、ホッとしました。ピッさんも、見て頂ければうれしいですが。
YAMAさん、教えて頂きまして誠に有難うございます。今後ともよろしくお願いします。
takechann
2017/02/01 23:45
こんにちは。私も1月26日に甚兵衛渡し〜北印旛沼西岸〜北側田圃〜下総松崎を歩きました。
タケちゃんの記載種以外で私が見たのは、ヒクイナ、ケリ、セッカ、チョウゲンボウ、モモペリと田圃で採食中のコハクチョウ50羽ほどでしょうか。

北側田圃で遥か彼方を飛ぶ頭の白い猛禽を見ましたが、内陸型チュウヒの幼鳥でしたか。
ExCandle
URL
2017/02/05 11:36
ExCandle さん コメント頂きまして誠に有難うございます。
ヒクイナ、ケリ、チョウゲンボウ、コハクチョウ など、だいぶ多くをご覧になられたのですね。
頭の白い猛禽は、YAMA さんがお話しされました 内陸型チュウヒの幼鳥 の可能性大と思われます。継続して観察されましたら、教えてください。よろしくお願い致します。
takechann
2017/02/05 14:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
甚兵衛公園から、北印旛沼畔を廻って タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる