タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 水田地帯でシギ・チドリ類などを探して

<<   作成日時 : 2017/05/11 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

画像千葉県北西部の水田地帯で、この時期に渡来する夏鳥の アマサギ、チュウサギ、コチドリ、オオヨシキリ、キビタキ、オオルリ など、旅鳥の ムナグロ、チュウシャクシギ、キアシシギ などを探した。 (5/01)



今回、千葉県北西部の水田地帯で見たいと思っている 夏鳥 は、春に日本より南の地域から渡ってきて日本で繁殖し、秋には南の地域へ渡って越冬する鳥で アマサギ、チュウサギ、コチドリ、オオヨシキリ、キビタキ、オオルリ など、それと 旅鳥、こちらは渡りの途中に日本に立ち寄る鳥で、一般に日本より北の繁殖地と日本より南の越冬地を往復する鳥で、ムナグロ、チュウシャクシギ、キアシシギ などだ。

京成千葉線に乗車して京成津田沼駅で京成本線に乗り換え、千葉県北西部のある駅で下車した。
そこから、更に別の交通機関に乗換えて、目的の駅に到着した。

画像

下車した駅前から少し歩いた所には、長閑な田園風景が広がっていた。
農道沿いの水路は、ほとんどがコンクリートで固められているものが多かったが、中には水辺に雑草が生えた水路 ( 小川 ) もあり、野鳥の餌となる フナ、ドジョウ、カエル などが多く棲んでいるようなものもあった。

水田では、田植えの準備の代掻き作業を行なっている 耕耘機 (写真 A) も見受けられたが、中には すでに田植えを終えている 水田 も見受けられた。

画像
画像

水田近くの斜面林からは キビタキ の囀り、草叢では チュウサギ (写真 B)モズ、オオジュリン (写真 C) などが見られた。 また、水田や畦道で コチドリ (写真 @) も見ることができた。

画像
画像

さらに、一年中 同じ地方にとどまっている 留鳥 の キジ (写真 D、E) も数個所で見られた。

画像
画像

見たいと期待していた旅鳥の チュウシャクシギ (写真 F)、ムナグロ (写真 G) は、残念ながら見られなかった。
この写真は、以前 この場所で撮ったものを参考まで貼付しました。

画像
画像

この後、近くの 市立の植物観察園 に立ち寄り、様々な山野草の花を観察することができた。
キンラン (写真 H)、エビネ (写真 I)、花の盛りが過ぎたようだが クマガイソウ (写真 J、K) も見られた。

画像
画像

園内には、他に ナルコユリ、ジュウニヒトエ、ウラシマソウ、イカリソウ なども。

植物観察園を後にして帰路へ。
途中、川沿いのサクラ並木を進むとパラパラっと雨、しばらく行くと本降り、軒先を借りて雨宿り。 落雷、豪雨、強風の凄まじさにビックリ、今思えば写真を撮っておくのだったが その時は浮かばなかった。
約 30分程 雨宿り、小降りになってから帰宅した。 ( 追記 : 「 気象庁によると、地表付近と上空との寒暖差が大きく、積乱雲が発達。 東海や関東甲信で落雷があったほか、強風も吹き、最大瞬間風速は千葉県銚子市で 20.3 メートル、埼玉県所沢市で 19.3メートルを記録した。」 とのこと。)

追記 : その後、この水田地帯には ムナグロ (5/2〜)、チュウシャクシギ、オグロシギ (5/5〜) などが見られたとの情報もあった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
かわいい かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
水田地帯でシギ・チドリ類などを探して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる