タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 谷津干潟でシギ・チドリ類などを観察して

<<   作成日時 : 2017/09/03 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

画像秋の渡りが始まった シギ・チドリ類 を 谷津干潟 で見たいと出掛けた。
7月23日には、キアシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、トウネン が見られた。 今日 (8月27日) は、どんな シギ・チドリ類 が見られるか、楽しみだ。 (8/27)



JR総武線津田沼駅で下車、駅南口広場から 谷津干潟 行 のバスに乗車して終点で下車した。
終点のバス停近くには、谷津干潟公園入口 があり、その先 100mほど南に進むと、周囲 約 3.5q、面積 約 40ha もあるという 谷津干潟 が広がっていた。

谷津干潟公園は、渡り鳥の飛来地となっている 谷津干潟の保全と自然とのふれあいが楽しめることを目的として整備された都市公園で、平成 5年に特別保護地区部分が ラムサール条約登録地 となった。

画像

10:00 頃、谷津干潟 (写真 A) はご覧の通り、潮が満ちていた。

今日 8月27日の潮汐時間は、船橋港では : 中潮 ・ 満潮 8:08 、20:13、干潮 2:02、14:01 とのこと、谷津干潟では船橋港の潮汐時間より 1.5 時間ほど遅れるとのこと。 

画像
画像

津田沼高校寄りの東側観察舎前から、探鳥をスタートした。 東京湾と繋がる水路 (谷津川)沿いにある杭の上では カワウ、アオサギ (写真 B)、数羽の キアシシギ (写真 @、C) が羽を休めていた。

画像
画像
画像

東側観察舎前から、北側の谷津南小学校寄りの遊歩道を進むと、少し現れ始めた干潟で採餌している 数羽の コチドリ (写真 D)、その上空を飛び交う ツバメ が見られた。 また、遊歩道沿いの樹木では キジバト (写真 E)、オナガ (写真 F)、シジュウカラ、メジロ などが見られた。

画像
画像

さらに、谷津南小学校寄りの遊歩道から、南側にある 谷津干潟自然観察センター 前 (写真 G) にある干潟 (通称 前浜という) を遠望すると、セイタカシギ (写真 H)、アオアシシギ、キアシシギ などが見えた。

画像
画像

谷津バラ園寄りの小さな入江、干潟の前まで進んだが、近くの松林で エナガ の鳴き声がしただけで、他に何も見られなかった。 ここで来た遊歩道を引き返し、谷津南小学校寄りの遊歩道、津田沼高校寄りの 東側観察舎前 (写真 I) などから 再び観察、谷津川沿いの杭の上には前述した カワウ、アオサギ、キアシシギ の他に ウミネコ (写真 J) も羽を休めていた。

画像
画像

津田沼高校寄りの東側観察舎前を通り、自然観察センター 近くの 淡水池 (写真 K、L) 前に移動した。

淡水池にはカルガモが見られた。 12:15 頃 ここ淡水池前で探鳥を終了して、自然観察センター横の広場に移動して今日見た鳥の確認 (鳥合せ)を行った後、散会した。
鳥合せでは、カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コチドリ、セイタカシギ、アオアシシギ、キアシシギ、イソシギ、ウミネコ、コゲラ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ の 22種でした。 ( 日本野鳥の会千葉県 谷津干潟探鳥会 )

画像

シギ・チドリ類は、今回(8/27)は コチドリ、セイタカシギ、アオアシシギ、キアシシギ、イソシギ の 5種でした。
因みに、前回(7/23)は、キアシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、トウネン の 4種でした。
自然観察センター (写真 M) の情報によれば、8/30 には ダイゼン、メダイチドリ、セイタカシギ、チュウシャクシギ、アオアシシギ、キアシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、トウネン、ハマシギ の 10種が確認されたとのこと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
谷津干潟でシギ・チドリ類などを観察して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる