タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 「いなげの浜」から、「検見川の浜」まで散策して

<<   作成日時 : 2017/09/08 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像残暑が続くなぁ〜と思っていると 一転 肌寒い日が続くなど、目まぐるしく変化する 8月の天候でした。
9月に入っても天候不順が続いているが、今日は朝から気持ち良く晴れ上がって湿度も低いという予報、こんな日は浜風を受けながら 「いなげの浜」 から 「検見川の浜」、そして花見川に架かる 美浜大橋 までの波打ち際を 約 2.5 qほど散策、とても爽快でした。 (9/3)



JR総武線稲毛駅西口から、海浜交通バスで稲毛海浜公園プール行に乗車して「花の美術館」バス停で下車した。
花の美術館バス停前から真直ぐ南側に伸びる道を進むと、その行き止まり先が 「いなげの浜」 だ。

 「いなげの浜」
9:15、ここ「いなげの浜」の波打ち際を歩き始め、「検見川の浜」へ。

稲毛海浜公園内にある 「稲毛海浜公園プール」 の開園期間は、7月15日 〜 8月31日までで、この開園期間に合わせて「いなげの浜」 にも 「いなげの浜海水浴場」 が開設されていたが、こちらも 〜8月31日で終了している。

画像

「いなげの浜海水浴場」 が開設されていた 〜8月31日までの期間は、砂浜に 監視員、ライフセーバー が待機していたが、終了してからは当然ながら 監視体制はなく、これまで アカエイ などが入らない様に 遊泳地区 をネットで囲んでいた ネット と ブイ (写真 A) だけが、回収が遅れているのか? そのまま残されていた。

画像
画像

7月30日に 「いなげの浜」を散策した時には、前記の ブイ には多くの コアジサシなど (写真 B、C) が羽を休めていたが、今日は何も見られなかった。 なお、7月30日の散策の様子は、本ブログに 8月4日付けで 「いなげの浜、花の美術館を散策して」 の タイトルで掲載しております。

画像
画像

さらに進むと、魚 や アカエイ (写真 D、E) などが砂浜に打ち上げられており、これは海水の色から 青潮 が発生したものと思われる。

以前 (7月12日)、「いなげの浜」を散策した時に赤潮が発生したのを見ることができた。 その時は、大量の小魚から大きな魚までが砂浜に打ち上げられていたが、それに比べれば今回はだいぶ少なかった。 なお、7月12日の様子は、本ブログに 7月20日付けで 「真夏日の稲毛海浜公園を散策して」 の タイトルで掲載しております。

画像
画像

砂浜に打ち上げられた魚の他に、防波堤では ダイサギ、チュウシャクシギ (写真 F)、キアシシギ が夫々 1羽、波間には ウミネコ が数羽 見られた。 間もなく、稲毛ヨットハーバー (写真 G) に着いた。

 「検見川の浜」
画像
画像

稲毛ヨットハーバーを過ぎると、ここから 「検見川の浜」 (写真 H、I)
海上には、サーフボードの上に立ったまま乗り、オールを使ってパドルする 今 流行りのスタンドアップボード (パドルボード、SUP) をしている人が多く見られた。

画像
画像


画像
画像

「検見川の浜」 を しばらく歩いていると、波打ち際で 約 70羽程の ミユビシギ (写真 @、J、K、L、M) が採食しているのが見られた。 ミユビシギを 見ているのは私だけ、じっとしていると ミユビシギ の方から近くに来てくれてた。

画像
画像

小型の漁船 (写真 N) は、ホンビノス貝 でも採っているのだろうか、本格的な漁師のようだ。
11:00 頃、約 2.5 qほど歩いて花見川に架かる 美浜大橋 (写真 O) のたもとに到着した。 花見川河口の「幕張の浜」寄りの防波堤には、ウミネコ 約 200羽、カワウ 数羽ほどが羽を休めていた。

今回はここまで。 次回は、この先の「幕張の浜」から、習志野市海浜公園(茜浜)まで散策したいと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「いなげの浜」から、「検見川の浜」まで散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる