タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 初秋の葛西臨海公園を散策して

<<   作成日時 : 2017/09/13 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像初秋の都立 ・葛西臨海公園、葛西海浜公園 で、カモ類では オカヨシガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ の 5種、シギチドリ類では チュウシャクシギ、ダイシャクシギ、アオアシシギ、キアシシギ、イソシギ、トウネン の 6種、他に ヒメアマツバメ、ミサゴ、トビ、イワツバメ など、全部で 32種の野鳥を見ることができた。 (9/7)



JR京葉線東京行の各駅(停車)電車に乗車して、葛西臨海公園駅で下車した。
葛西臨海公園駅の改札口を出て、噴水広場や交番などのある 駅前広場 で双眼鏡などを準備して 9:30 探鳥をスタートした。

今日のルートは、今年 4/25 に巡ったのと同じに、葛西臨海公園駅前 → 中央園路(葛西臨海公園) → サクラ並木 → 吊り橋(芦ヶ池) → 海浜公園事務所前 → 葛西渚橋 → 西なぎさ (葛西海浜公園) → 葛西渚橋 → 鳥類園 → ウォッチングセンター を巡る予定にしている。

因みに、今年 4/25 には、カモ類では オカヨシガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ の 6種、シギチドリ類では コチドリ、ミヤコドリ、オオソリハシシギ、ダイシャクシギ、アオアシシギ、キアシシギ の 6種、他に クロツラヘラサギ、コアジサシ、オオヨシキリ など、全部で 40種の野鳥を見ることができた。 今日 9/7 は、どうかな?

なお、今年 4/25 の詳細は、2017/5/1 付けの当ブログに 「都立 ・葛西臨海公園、葛西海浜公園を散策して」 のタイトルで掲載しましたのでご参照ください。

画像

都立 ・葛西臨海公園 と 葛西海浜公園 (写真 A) は、東京都江戸川区臨海町にあり、「 緑と水と人のふれあい を テーマに 5つのゾーンを配して誕生した公園、平成元年には水族園を含む 38ha を 一部開園、平成 6年に 鳥類園ゾーン (27ha) を オープン、現在は東京 23区最大規模の都立公園 」 とのこと。

 葛西臨海公園

駅前広場をスタートして間もなく、上空を ヒメアマツバメ が滑翔しているのが見られた。
ヒメアマツバメは、アマツバメほどではないが鎌形の翼をしている。 野鳥図鑑には 「群れで飛行する」 と記載されているが、そこまでは見られなかった。

画像

葛西臨海公園の入口から南側に真直ぐ延びた石畳の遊歩道を進むと、間もなく 右側に公園サービスセンター、左側に鳥類園入口、さらに進むと 水族園入口、正面には展望レストハウス・クリスタルビュー などがあるが、公園サービスセンターの少し先から右側へ進み、サクラ並木 (写真 B) を通り、その先にある 芦ヶ池 の方向へと進んだ。

画像

途中のサクラ並木では、期待していた ツツドリ (写真 C) は見ることが ( 見つけることが ) できなかった。
都内の水元公園では、既に ツツドリを確認したという情報もあったので期待していたが、残念でした。
なお、写真 C は、他の場所で撮ったものを参考まで貼付しました。

サクラ並木を過ぎて、芦ヶ池へ流れている小川沿いにある遊歩道を進み、池の手前にある吊り橋を渡り、その先の広場を横切って海浜公園事務所近くの四阿に出た。 ここからは、東京ゲートブリッジ ・若洲風力発電施設などが霞んで見えた。 また、対岸の葛西海浜公園 「西なぎさ」 の芝生の上を飛び回っている 多くの ツバメ、イワツバメ などが見えた。

 葛西海浜公園 ・ 「西なぎさ」

画像

画像

葛西渚橋を渡って、葛西海浜公園 の 「西なぎさ」 へ向かうと、その周辺では オカヨシガモ、カルガモ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、トウネン などを確認することができた。

また、自然保護地区で立入り禁止となっている 「東なぎさ」 にいる 野鳥は、「西なぎさ」 から眺めるしかないが、多数の カワウ、ウミネコ 、アオサギ、ダイサギ などが確認でき、また チュウシャクシギ (写真 @、D)、ダイシャクシギ (写真 E)、アオアシシギ、キアシシギ なども見られた。 なお、写真 @、D、E は、他の場所で撮ったものを参考まで貼付しましたのでご了承下さい。

画像
画像

「西なぎさ」 から 「東なぎさ」 にいる 野鳥を眺めていると、空模様が怪しくなり少しポチポチと小雨が降り出した。
小雨が降ったり止んだりだが、この場所はこの位にして再び葛西渚橋を渡って 葛西臨海公園 の 鳥類園 へ向かった。

途中、東京水辺ライン船着場のデッキから 「東なぎさ」 を眺めてると、再び チュウシャクシギ、ダイシャクシギ、アオアシシギ (写真 F)、キアシシギ、イソシギ などを確認することができた。

さらに、東京水辺ラインの水上バスの航行水路では、カワウが大きなアカエイを飲み込もうと四苦八苦している姿が見られたり、船着場の鉄柱で羽を休めている イソヒヨドリ ♀ (写真 G) などを じっくり見ることができた。 なお、写真 F、G も残念ながら、他の場所で撮ったものを参考まで貼付しました。

 葛西臨海公園 ・ 鳥類園

鳥類園には、上の池(淡水池) と 下の池(汽水池)、池を囲むように人工的に造成された森、映像やパネルによる展示と野鳥観察ができる 2階建ての施設 「ウォッチングセンター」 などがある。

画像
画像

2階建ての施設 「ウォッチングセンター」 からは、上の池(淡水池) と 下の池(汽水池) (写真 H、I) が眺められる。 上の池(淡水池) では、カルガモ、コガモ (写真 J)、カイツブリ (写真 K)、カワウ、アオサギ、ダイサギ などが見られた。 なお、写真 J、K も 他の場所で撮ったものを参考まで貼付しました。

画像
画像

ここ 「ウォッチングセンター」 の 2階で探鳥を終了、予定より少し早いが昼食、その後に今日見た鳥を確認する 「鳥合わせ」 を行って、散会した。
確認された鳥は、オカヨシガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ヒメアマツドリ、チュウシャクシギ、ダイシャクシギ、アオアシシギ、キアシシギ、イソシギ、トウネン、ウミネコ、オオセグロカモメ、ミサゴ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ムクドリ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ の 32種でした。 (日本野鳥の会千葉県 葛西臨海公園探鳥会)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初秋の葛西臨海公園を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる