タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 散歩道での野鳥たち <ライチョウ>

<<   作成日時 : 2018/02/03 07:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像ライチョウ(雷鳥) キジ目キジ科

これまで見られた野鳥を、日本鳥類目録改訂第7版 ( 日本鳥学会 2012 ) を基に、ほぼその記載されている鳥類リスト順に掲載します。

ライチョウ (写真 @、B、C、D) は、体長 35 〜 37p、本州中部の日本アルプス、白山、新潟県の焼山および火打山に留鳥として分布するとのこと。

最初に ライチョウを見たのは、ある旅行会社が企画した 「立山黒部アルペンルート」 旅行に参加した時に、標高 2,450mに位置する 室堂平 で見ることができた。
高山のハイマツ帯の環境を好み、朝夕や悪天候時に開けた場所に出るとのことで、私が見た時も 室堂平 (写真 A、B) で曇り空の日に見ることができた。

アルペンルートは 「 富山県立山町から長野県信濃大町までの約100kmを結ぶ世界的な山岳観光ルートで、ロープウェーやケーブルカー、バスを乗り継いで移動。 そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にあり、飛騨山脈 ・立山連峰を貫き、弥陀ヶ原や黒部湖などいくつもの景勝地を通り、ダイナミックな景観はもちろんのこと、高山植物が楽しめる夏 ・色鮮やかな秋の紅葉など季節によっても表情を変え、訪れる観光客を魅了している。」 とのこと。

画像
画像

また、室堂バスターミナルは 「 標高 2,450mに位置し、立山黒部アルペンルートの最高所。 雪の大谷をはじめとした観光の拠点で、室堂平からは剱岳や大日連山の山並みを見晴らすことができる。 徒歩 10分の場所には、澄んだ火山湖 ・みくりが池 があり、夏は高山植物が大地を飾り、特別天然記念物の ライチョウ (雷鳥) も生息している。」 とある。

画像
画像

写真 A、B は、「立山黒部アルペンルート」 旅行時に室堂平で撮ったもの。 写真 @、C、D は、野鳥写真図鑑から貼付しました。

注 :日本鳥類目録改訂第7版 ( 日本鳥学会 2012 ) の鳥類リストの最初には、エゾライチョウ が記載されているが、まだ見たことがない。 エゾライチョウ は、北海道の針葉樹林、針広混合林に留鳥として分布、一年中羽色が変わらないとのこと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
散歩道での野鳥たち <ライチョウ> タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる