タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 信州 ・小布施町を散策して

<<   作成日時 : 2018/07/12 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 「栗と北斎と花のまち ・信州 おぶせ」 という 長野県上高井郡小布施町を散策した。
 小布施と言えば、栗が有名と思っていたが、栗の生産量は全国有数というわけではなく、江戸時代から 「小布施栗」 として全国に知られていたとのこと。 現在では、栗だけでなく リンゴ、巨峰の産地としても注目されているとのこと。 (6/20、21)




 6月20日朝、JR東京駅で北陸新幹線に乗り込み、長野駅に向かった。

 関東甲信地方は梅雨の最中、東京駅を発った時も小雨がちで、安中榛名駅を出て直ぐに長いトンネル(碓氷峠)に入り軽井沢駅の手前でトンネルを抜けると、濃霧に煙っていたが雨も降ってなく、次第に濃霧もはれ、薄日が射している長野駅に 11:30 頃 到着した。

追記 : 6月29日、気象庁は関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表。 関東甲信地方が 6月に梅雨明けするのは初めてとのこと。 これは、平年より 22日早く、昨年より 7日早いとのこと。 )

画像

 長野駅ビル内で昼食をとった後、13:20 頃 長野駅前 (写真 A) (善光寺口 バスロータリー) から バスに乗車して、善光寺参拝へ向かった。

画像

 善光寺大門バス停で下車して法然通りを通り、宝暦 2年 (1752年) に建立、現在のものは大正 7年 (1918年) に再建されたもので、善光寺の山号である 「定額山」 の額が掲げられている 仁王門 (写真 B) へ。

画像

 さらに仲見世通りを進み、重要文化財の 山門 (三門) (写真 C) を通り、本堂で参拝した。 なお、山門は寛延 3年 (1750年) に建立、楼上には 「善光寺」 と書かれた額が掲げられており、通称 「鳩字の額」 と呼ばれているとのこと。

 参拝を終えて、14:00 頃 山門近くの タクシー乗り場から、今晩 宿泊するホテルへ。 乗ったタクシーは女性ドライバー、ホテルへの走行は初めてなのか数回ものタクシー本社との交信の末、何とか 4〜50分後に到着した。

画像
画像

 鬱蒼とした森の中にある ホテル と言うよりは、洒落た 秘湯の温泉宿 (写真 D、E) でした。

画像
画像

 夕食前に温泉、そして食事。 翌朝も食事前に温泉、そして探鳥 (ハシブトガラス、シジュウカラ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス などを確認)、朝食。

 温泉 ・夕食 ・朝食 ・ そしてサービス共に大満足でした。 食事は ㊙ ( = 写真を撮らずに食べてしまったので)、デザート (写真 F、G)、そして食後は心行くまでの歓談、大いに楽しむことができました。

画像
画像

 朝食を ゆっくり ・のんびりと済ませた後、秘湯の温泉宿を発って 「栗と北斎と花のまち ・信州 おぶせ」 へ。
 長野電鉄小布施駅舎にある小布施総合案内所に立ち寄って 「小布施 ガイド ・マップ」 (写真 H、I) の説明を聞いた後、町内散策に出た。

 先ずは 、長野電鉄小布施駅の周辺には矢張り栗畑が多いことに気付かされた。
 さらに、駅前から約 500mほどで町の中心エリア、そして国道 403号線の約 500m程の沿道が賑わいの場だ。

画像

 ぶらぶらと町並みを散策。 北斎? というが如何してかと思ったら、「北信濃有数の豪商の高井鴻山が、83歳の葛飾北斎を小布施に招き、都合 4回小布施を訪れた。」 そして 「小布施滞在中に描いた祭屋台の天井絵や肉筆画がある。」 その作品などを 収蔵 ・公開する美術館が 「北斎館」 (写真 J) とのこと。
 他にも様々な美術館があり、小布施生まれの日本画家の中島千波館 、桜井佐七氏の個人コレクション 「小さな栗の木美術館」、急須コレクション 「茶俚庵」、日本のあかり博物館 など。

 「栗と北斎と花のまち ・信州 おぶせ」 の 花のまち とは?、「フローラルガーデンおぶせ」 や 「千曲川リバーサイドパーク」、「オープンガーデン」 など、小布施の人は花のまちづくりに励んでいるとのこと。 今回は ”花より団子” 、花を楽しむのは次の機会にしよう。

画像

 そろそろ昼時、北信越の食材を使用しているという 郷の味 泉石亭 (写真 K) で、栗おこわと信州の本格手打ちそばを食したが、大変美味でした。 食後は、庭園内にある 桜井佐七氏の個人コレクションという 「小さな栗の木美術館」 で 絵画 (写真 @ = 刑部仁 ≪栗≫) を鑑賞、さらに 泉石亭 の前にある 栗菓子二百年という 桜井甘精堂 で和菓子 ・洋生菓子を お土産に購入、食するのが楽しみだ。

画像
画像
 
 小布施散策を終えて、長野電鉄 小布施駅 (写真 L) に戻った。

 乗降ホームからは、飯綱山、戸隠連山、黒姫山、妙高山、斑尾山 の 北信五岳の案内板 (写真 M) があり、それぞれの山容を眺めることができた。 ( 何と、梅雨時というのにラッキーでした。)

画像
画像

 小布施駅で 14:27 発 長野電鉄線特急長野行 (写真 N) に乗車、 14:52 長野駅に到着した。 新幹線に乗車するまでに約 2時間ほどあるので、長野駅ビル内とその周辺を散策した。

 JR長野駅で 17:03 発 北陸新幹線かがやき 510号 東京行 (写真 O) に乗車、東京駅に向かった。 1時間ほどで最初の停車駅 大宮駅に到着、次は上野駅、東京駅には 18:28 に到着した。

 今回の 信州 ・小布施町の旅では、M さんに大変お世話になりました。 誠に有難うございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
信州 ・小布施町を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる