北総線千葉ニュータウン中央駅から谷津田へ

画像北総線千葉ニュウータウン中央駅から北総花の丘公園、谷津田などを散策した。(6/13)


今月2日には同じ北総線の印西牧の原駅から亀成川と谷津田を巡ったが、今日は一つ手前の千葉ニュウータウン中央駅から戸神川と谷津田を巡る予定だ。

JR総武線で船橋駅に出て、ここから東武野田線に乗換え新鎌ヶ谷駅でさらに北総線に乗換えのため案内コンコースを通ればホームに行けるのだが、まだ時間があるので新鎌ヶ谷駅に降りてみた。 (写真①)
今や新鎌ヶ谷駅は、東武線、北総線、新京成線の乗換え駅として乗降者数も増加しており、付近には鎌ヶ谷市役所、大型商業施設、高層マンションなどがあり、さらに建設ラッシュが続いており、発展性のある町のようだ。

画像

千葉ニュータウン中央駅の駅前に出ると、大型商業ビル、高層マンションが多く見られるが、イワツバメが飛び交い、ヒバリが空中に舞上がり囀っている姿を見ると、まだまだ長閑ないい街のようだ。
300mほど歩くとニュータウン大橋で下には南北に長い戸神川調節池が見える。水面には、カイツブリが営巣しているのだろうか2羽ほど見られた。 (写真②)

画像

戸神川調節池の西寄り池畔は、県立北総花の丘公園となっており、この北入口広場から入り南入口広場まで進み、更に進むと戸神集落があり 畑地、造園のための植木苗畑などが広がっていた。切通しを抜けると水田が広がっていた。
畑地では コチドリ が2羽で飛び交っていたり、ハクセキレイ、キジ なども見られた。青々とした水田では アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、キジ、オオヨシキリ、セッカ、カルガモなどが見られた。 (写真③)

画像

ここから神崎川の支流である戸神川を遡ると谷津田が広がり、大きなザリガニが動いていたり、水生動物が居て、サシバの良い採食場になっているのだろう。 (写真④)
水田の畔にある林の上を2羽のサシバが舞っていた。近くの水田で作業をしていたおじさんが「何時もは電線に止まるときもあるよ」と教えてくれた。期待していたホトトギスの鳴き声は残念ながら聞こえなかった。

画像

この他に、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ウグイス、シジュウカラ、エナガ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラスの全部で29種の野鳥を見ることが出来た。

帰りは、この谷津田から県道61号線に出て進むと県道190号線との交差するところにある公園で一休み、戸神川調節池の東側からニュータウン大橋を通り駅に出た。 (写真⑤)

* 注 : 6/14 気象庁は関東甲信地方が「14日ごろ」梅雨入りしたと発表された。なお、中国、近畿、東海も同じ日に梅雨入りした。) 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

鳥見大福
2007年06月19日 17:41
サシバの餌となるザリガニなどが生息している環境は貴重ですね。写真3はアップすると
グループに見覚えのある方がいるかも・・・
2007年06月19日 21:42
鳥見大福さん 有難うございます。
印西・戸神地区の切通しを抜けて見える長閑な里山風景がとても美しく、何時までも残ってほしい風景ですがね・・・ 。