西印旛沼、北印旛沼の畔を散策して

画像日本野鳥の会千葉県が開催する西印旛沼探鳥会と北印旛沼探鳥会に参加した。西印旛沼では トビ、オオタカ、ツミ、ノスリ、ハイイロチュウヒ、チュウヒ など 48種を確認、北印旛沼では ミサゴ、トビ、ノスリ、ハイイロチュウヒ、チュウヒ など 51種を確認した。 (02/19、26)


 西印旛沼探鳥会 (02/19)

京成電鉄千葉線に乗車、京成津田沼駅で京成本線の成田空港方面行に乗り換え、京成臼井駅 ( ただし、特急は停車しないので要注意 ) で下車した。

京成臼井駅の北口駅前をスタートして、間もなく住宅が並ぶ緩やかな坂道を上って臼井城の砦跡といわれる宿内公園へ。 宿内公園 (写真 ①) の広場の周辺には竹薮や雑木林などがあり、これまでは公園の周囲にある住宅や少し離れた西印旛沼などは見通せなかったが、最近では竹薮や雑木林などが次第に切り倒されており、今回出掛けて見ると公園の周囲にある住宅や西印旛沼などが丸見えになっていた。

今年は、何所に行っても 「野鳥が少なくなった」 という声をよく聴く。 ここ宿内公園でも同じような傾向にあり、園内の竹薮や雑木林が少なくなるにつれて、更にその傾向が強くなったように思える。

画像

早々に宿内公園をあとにして、稲荷神社へ移動した。 ここも前記の宿内公園と同様に境内の植栽の様子が変わっており、野鳥はあまり見られなかった。 稲荷神社から、石段を下りて国道 296号線を横切り、さらに急な坂道を上って星神社へ。

星神社から臼井城址公園へと進み、園内の芝生広場で まだ咲いていない梅の枝に止まっている ジョウビタキ を見た。 緩やかな坂道を下って県道 64号(千葉臼井印西線)を横切り、臼井幼稚園を右に見ながら車道を横切り 道案内標識板 (写真 ②) に沿って西印旛沼畔へ。

画像
画像

農道を進むと釣堀、さらに水田の中を行くと 水路 (写真 ③、④) が西印旛沼畔の遊歩道の手前に東西に伸びている。 写真 ③ は西側で千葉県内水面水産研究センター や 船戸大橋のある方向、写真 ④ は東側で製鉄会社の工業用水取水口 や オランダ風車のある方向。 この水路では、時に サギ科、クイナ科 などの鳥がよく見られるのだが、今日は バン だけ。

大地震によって沼畔の遊歩道や堤防などの地割れしていた箇所の工事もやっと終わって、遊歩道沿いの土手に上がって西印旛沼に渡来しているカモ類を探した。

画像
画像

沼畔の葦原にある潅木で メジロ (写真 ⑤、⑥) が餌探しに夢中、人が近づいたのも気が付かないようだ。
さらに沼畔近くにある製鉄会社の工業用水取水口際まで進み、カモ類などを探した。

上空に、カラスに追われている ハイイロチュウヒ (写真 ⑦) を見た。 そろそろ昼時、工業用水取水口際の広場に移動して昼食。

画像

食後、今日見た野鳥の確認をする鳥合せを行って、散会した。
カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オナガガモ、ミコアイサ、トビ、オオタカ、ツミ、ノスリ、ハイイロチュウヒ、チュウヒ、バン、オオバン、セグロカモメ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ヒバリ、ハクセキレイ、セグロシキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、セッカ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス の 48種でした。 (日本野鳥の会千葉県 西印旛沼探鳥会)


 北印旛沼探鳥会 (02/26)

画像京成公津の杜駅で成田市役所前から京成公津の杜駅を経由して「甚兵衛渡し」まで運行している成田市コミュニティバスに乗車、終点の「甚兵衛渡し」で下車した。

「甚兵衛渡し」と言えば、佐倉藩の過酷な年貢に苦しむ農民を救うため幕府へ直訴した佐倉惣五郎(宗吾とも)を、渡し守の甚兵衛が禁を破って対岸の吉高まで送った渡し場といわれる。

「甚兵衛渡し」バス停の近くには、「日本の名松百選」 にも選ばれた樹齢 300年を越える松林のある甚兵衛公園、甚兵衛渡しの碑 (当時の渡し場の位置は?) もある。 甚兵衛公園内には、菜の花やコスモスの花など季節ごとに楽しめるような植栽があり、早春には 白梅、紅梅 (写真 ⑨、⑩) が楽しめるようにと梅園もあるが、寒さが続いているため開花が遅れているようだ。

画像
画像

甚兵衛公園から 水路沿いの農道 (写真 ⑧) を進み、甚兵衛広沼の畔へ出た。
甚兵衛広沼の対岸には葦原が広がっており、その上空を ノスリ や チュウヒ などが飛んでいた。 さらに甚兵衛広沼の堤防にある小道を進み、国道 464号線を横切り北印旛沼の畔に出た。 途中で、日暮里駅~空港第 2ビル駅間を最速 36分で結ぶ 成田新高速鉄道 (写真 ⑪) (成田スカイアクセス線) の高架下を通った。 現在、この鉄道線路に並行して整備が進められている 国道 464号 北千葉道路 (写真 ⑫) の建設工事が行われていた。

北印旛沼の畔で、遠くの竹杭に ミサゴ、チュウヒ が止まっているのが見られた。 沼面には マガモ、カルガモ、ヒドリガモ、ミコアイサ など、さらに遠くには コガモ、ヨシガモ、オナガガモ なども見られたが非常に少ないのが気がかりだ。

画像
画像

ここで探鳥を終了して今日見た野鳥を確認する鳥合せを行って、散会した。 カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムルカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ミコアイサ、ミサゴ、トビ、ノスリ、ハイイロチュウヒ、チュヒ、バン、オオバン、イソシギ、タシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、ウミネコ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ヒバリ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、セッカ、メジロ、ホオジロ、ホオアカ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス の 51種でした。 ( 日本野鳥の会千葉県 北印旛沼探鳥会 )

散会後、今朝降りたバス停 「甚兵衛渡し」 に急ぎ、成田市コミュニティバスの成田市役所行に乗車、途中の「京成公津の杜駅」バス停で下車、京成上野行に乗車して帰路についた。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント