早春の利根運河沿いを散策して

画像 早春の利根運河沿いを散策して、カモ類 4種、猛禽 3種、他に クサシギ、カワセミ、カケス、キクイタダキ、ウグイス、アカハラ、ツグミ、キセキレイ、ハクセキレイ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ など、39種を見ることができた。 (3/06)




 JR総武線に乗車して船橋駅で下車、東武アーバンパークライン (東武野田線) に乗換えて運河駅で下車した。

 今回は総武線各駅電車が事故で遅れており、それが影響したため船橋駅に到着するのが遅れ、予定していた東武船橋駅からの電車に乗れず、予定していた 9時を少し過ぎて運河駅に到着することになった。

 毎年 3月上旬には、利根運河を訪れている。 因みに、昨年 (2018/3/07) は ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アトリ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン の 40種が見られた。

画像

画像


 運河駅の階上改札口を出て、東口広場で双眼鏡、望遠鏡などを準備して 9:30 スタートした。

 東武アーバンパークライン鉄橋の近く、利根運河に架かる ふれあい橋 (写真 ②) を渡って、運河沿いの土手北側にある 遊歩道 (写真 ③) に出た。


画像
画像

画像


 先ずは運河上流(東側、利根川方向)へ進んだ。 今年は「カモ類などの冬鳥が北に帰るのが早いのでは?」 との情報もあり カモ類の姿が無いのではと心配していが、突然に上空を 約 100羽程の ヒドリガモ (写真 ④) の大きな群れの飛翔が見られ、河面にも多くの ヒドリガモ など (写真 ⑤) の姿が見られホッとした。

 さらに上流へ進むと、河沿いの灌木で羽を休めている カルガモ、コガモ (写真 ⑥) などが見られた。


画像


 途中、民家庭先の白梅や、土手に咲く菜の花などを見ながら遊歩道を進むと、アオサギ、ダイサギ、カイツブリ、バン、オオバン、モズ、ムクドリ、アカハラ、ツグミ、アオジ などが見られ、また何処からともなく ホーホケキョ と上手に囀る ウグイス (写真 ⑦) の声も聞こえるなど、今日 6日 「啓蟄」 ということもあってか、春を感じさせてくれるのには十分な情景でした。 ( 注 : ウグイスの写真 ⑦ は、以前に明治神宮御苑で撮ったものを参考まで貼付しました。)


画像

画像


 遊歩道を進み、運河水辺にある アキニレなどの 河畔林や灌木、草藪など (写真 ⑧) で期待の アトリ などを探したが見ることができなかったが、理窓会記念自然公園内の ハンノキ林 や ひょうたん池 (写真 ⑨) 近くの上空で ハイタカ、カケス などが見られたのはラッキーでした。


画像

画像


 ふれあい橋から運河沿いの遊歩道を 約 1.2 ㎞ ほど遡った所から土手を下って、理窓会記念自然公園内に入った。 そこには 杉林 (写真 ⑩、⑪) があり、国民の約 3 ~ 4割が罹患しているといわれる スギ花粉症の元凶、米粒大の雄花が多く見られた。


画像


 理窓会記念自然公園内にある 白鳥の池、蓮池 (写真 ⑫)、調整池 や その周辺にある 野鳥の森、雑木林、アシ原 などでは、マガモ、ノスリ、コゲラ、キクイタダキ、シジュウカラ、エナガ、キセキレイ、シメ、ホオジロ、カシラダカ などを見ることができた。


画像

画像

画像
 

 理窓会記念自然公園を廻った後、運河沿いの遊歩道に戻り、下流(西側、江戸川方向 )へ進んだ。

 ふれあい橋と東武野田線鉄橋を潜り、流山街道を横切り 運河水辺公園 (写真 ⑬) で トイレ休憩、近くには 国土交通省 関東地方整備局 江戸川河川事務所、利根運河碑、「利根運河のいわれ」案内掲示 (写真 ⑭)、運河掘削工事の中心となった オランダ人技師ムルデルの顕彰碑 (写真 ⑮) があった。

備考 : 利根運河は 「明治 23(1890)年に東の利根川と西の江戸川とを結んで航路の短縮を目的に約 8.5㎞を民間資本で掘削して開通した。 最盛期には1日に100艘ほどの船が運航し、昭和に入ると鉄道網が発達し陸送に押されて舟運が衰退して昭和 16(1941)年に航路としての役割を終えた。」 とのこと。


画像


 その後、運河に架かる浮き橋を渡って、運河沿いの土手南側にある遊歩道に出た。 水面には ヒドリガモ、カルガモ、コガモ などが見られ、また土手に上がって草などを採餌している オオバン も見られた。 さらに遊歩道を 西側へ進んで行くと、この時季には ほぼ毎年見られていた ベニマシコ は、残念ながら見られなかった。

 また、梅郷第一樋管の付近、さらに 「におどり公園」 (流山工業団地に隣接)へ進んで行くと、途中で毎年見られていた クサシギ (写真 ①、 が今回も見られ、他に ハクセキレイ も見られた。 予定より少し遅くなったが 13時頃 におどり公園 に到着、広場で カワラヒワ、ツグミ などが見られた。

 ここで探鳥を終えて昼食、食事後に今日見られた野鳥を確認する 「鳥合わせ」 を行って散会した。
 鳥合わせの結果は、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、クサシギ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、アカハラ、ツグミ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ の 39種 ( 日本野鳥の会千葉県 利根運河探鳥会 ) でした。


画像


 散会後、再び 運河沿いの遊歩道 (写真 ⑰) を運河駅へ向かった。 途中、前記したように ほぼ毎年見られていた ベニマシコ などが見られた遊歩道沿いを丹念に探したが、矢張り見られなかったが、今日 ここまで見られなかった ジョウビタキ を見ることができたのはラッキーでした。

 今日は、千葉市などで朝方まで雨が降っており、電車に乗車した 7:30 頃には雨も止んでいたが、野田市などでは雨が降っているのではと心配でした。 しかし、運河駅に到着した 9:00 頃には雨は降っていなかったものの お天気が心配でしたが、最後まで雨に降られずに終了することができ大変嬉しく思いました。 皆さん、どうも有り難うございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年03月11日 19:55
東日本大震災 あれから 8年、未だに思う 3.11、あの人、あの場所、冥福を祈る。