晩秋の葛西臨海公園、葛西海浜公園を散策して

 今月は、「三番瀬」や「谷津干潟」を散策する予定でしたが、両方とも都合で出掛けられなかった。 そこで出掛けたのが「葛西臨海公園」と「葛西海浜公園」でした。(11/17)  JR京葉線に乗車して、葛西臨海公園駅で下車した。 駅前に出ると、噴水のある広場の先に公園に通じる 中央園路 が伸びており、そこを進むと間もな…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道での野鳥たち<ムナグロ>

ムナグロ(胸黒) チドリ目チドリ科 全長(L) 24㎝  水田、畑、河原、埋立地、干潟、草地など。 千葉・西印旛沼、北印旛沼、南房総などで見られた。   ムナグロの特徴は、雌雄同色。 成鳥夏羽は額からの上面は黄褐色と黒色の混じった班で、部分的に白班も入る。 体下面が黒い。 成鳥冬羽は体の下面が淡灰褐色。 …
コメント:0

続きを読むread more

千葉・松戸市千駄堀にある「21世紀の森と広場」を散策して

「21世紀の森と広場」を散策して、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ( カモ類 6種)と、カワセミ、アカゲラ、ヤマガラ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、シメ、アオジ など、全部で 35種を確認することができた。 (11/13)  JR総武線に乗車、西船橋駅でJR武蔵野線に乗り換え、…
コメント:2

続きを読むread more

散歩道での野鳥たち<ケリ>

ケリ(鳧) チドリ目チドリ科 全長(L) 36㎝  水田、畑、河原、草地など。 タゲリと同様に、千葉・西印旛沼、北印旛沼、南房総などで見られた。   ケリの特徴は、雌雄同色。 成鳥夏羽は頭から頸が青灰色で、胸は黒い。 上面は灰褐色、腹は白い。 成鳥冬羽では頭から頸が淡色になる。  写真…
コメント:0

続きを読むread more

千葉市・花島公園と花見川沿いを散策して

千葉市花見川区にある花島公園と花見川沿いを散策して、今季初めて ツグミ (写真 ①)、ジョウビタキ、アトリ、シメ、アオジ などを見ることができた。(11/10)  9月に襲来した 台風15号は千葉県内などに甚大な被害をもたらしたのに続き、10月にも 台風19号が襲来して 東海、関東、東北地方を横断して、再び千葉県はじめ…
コメント:1

続きを読むread more

散歩道での野鳥たち<タゲリ>

タゲリ(田鳧) チドリ目チドリ科 全長(L) 32㎝  水田、畑、河川、湿地、干潟など。 千葉・西印旛沼、北印旛沼、南房総などで見られた。   タゲリの特徴は、雌雄ほぼ同色。 成鳥冬羽は顔が黒褐色で、後頭に長い冠羽がある。  写真 ①、②、③、④ 、⑤ は、千葉・西印旛沼、北印…
コメント:0

続きを読むread more

山口蓬春記念館の秋季企画展を見学して

山口蓬春記念館 ( 神奈川県葉山町 ) で、2019年度 秋季企画展 「花鳥風月 ~ 山口蓬春、日本の美を描く ~ 」 が 9月28日(土) ~ 11月24日(日) の会期で開催中とのことで出掛けた。(11/9)  山口蓬春は、「 1893年北海道生まれ。 本名は三郎。 東京美術学校 (現・東京芸術大) で大和絵を学ぶ…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道での野鳥たち<ヒメアマツバメ>

ヒメアマツバメ(姫雨燕) アマツバメ目アマツバメ科 全長(L) 13㎝  市街地から、低山の開けた場所など。 多摩川、南房総などで見られた。   ヒメアマツバメの特徴は、雌雄同色。 喉と腰は白く、他の部分は黒褐色で、前頭と顔は少し淡色。  写真 ①、②、③、④ 、⑤ は…
コメント:0

続きを読むread more

ジャパン バード フェスティバル 2019 を見学して

「人と鳥の共存をめざして」をテーマとした国内最大級の鳥の祭典といわれる ジャパン バード フェスティバル ( Japan Bird Festival 2019 in Abiko )が、11月 2日(土)、3日(日) の二日間、千葉・我孫子市手賀沼畔で開催されているので出掛けた。(11/2)  「 本フェ…
コメント:0

続きを読むread more