千葉市・青葉の森公園を散策して

青葉の森5 DSCN7325.JPG
 青葉の森公園( 千葉市中央区青葉町 )を散策して、この時季の野鳥を探した。 なお、ここは 農林水産省畜産試験場の跡地 につくられた 53.7haの 千葉県立公園で 、1987年(昭和62年)に開園したとのこと。 園内には、ネイチャーゾーン、レクリエーションゾーン、カルチャーゾーン、スポーツゾーンに分けられており、陸上競技場などのスポーツ施設、博物館、文化ホールなどの文化施設も充実している。 (12/28)



 JR総武線千葉駅で下車した。 駅東口から大学病院・南矢作行のバスに乗車して 「中央博物館前」 で下車、青葉の森公園 に向かった。


青葉の森9 DSCN7312.jpg
青葉の森1 DSCN7314.jpg
 中央博物館 (写真 ②) の前を通り、青葉の森公園内の 「梅林」 (写真 ③) に入った。


青葉の森2 DSCN7313.jpg
 梅林の 梅は未だ蕾 (写真 ④) ですが、来月には 梅花 を見ることができることでしょう。


青葉の森12 DSCN7315.JPG
青葉の森3 DSCN7317.jpg
 「梅林」 から、現代の日本を代表する彫刻家による 具象彫刻作品 19体が配置されているという 「彫刻の広場」(写真 ⑤) を通って「青葉ヶ池」 に向かった。 ( 写真 ⑤ の作品は、「家族の肖像 Ⅰ」: 作者 鈴木 実 とのこと。)

 「青葉ヶ池」の周辺には未だ台風の影響と思われる 倒木 (写真 ⑥) が遊歩道 を塞いでいた。 また、池にも倒木が見れ、その樹木の影に 数羽の カルガモ (写真 ①) 、1羽の オシハジロ が見られた。


青葉の森4 DSCN7321.JPG
 「青葉ヶ池」の畔にある アキニレ には、数羽の シジュウカラ (写真 ⑦) が枝から枝へと渡っているのが見られた。 他に期待していた ある野鳥は残念ながら見られなかった。


青葉の森6 DSCN7327.jpg
 次に、「青葉ヶ池」 から 「渓流園」(写真 ⑧) へと進んだ。


青葉の森7 DSCN7351.jpg
青葉の森8 DSCN7334.jpg
 渓流園沿いの草原や斜面林などでは、シロハラ (写真 ⑨)、ツグミ (写真 ⑩)、シメ などが見られた。 他に、可愛い小鳥?も見られ 大収穫 でした。


青葉の森10 DSCN7373.jpg
 「渓流園」 から、「さくら山」、「中央広場」 などを廻って、千葉県立中央博物館の付属施設である 「生態園」(写真 ⑪) に向かったが、本館 ・ 生態園 ともに 年末年始の休館 に入っており、新年は 1月 5日から開館とのこと。

 今年は、今回の掲載で締めることにしました。 これまの小生の拙いブログに訪れて頂きましたことに感謝、御礼申し上げます。 また、来年も継続して参りたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント