散歩道での野鳥たち<セイタカシギ>

セイタカシギ-1.JPG
セイタカシギ(丈高鷸)
チドリ目セイタカシギ科 全長(L) 37㎝

 干潟、河口、海岸に近い湖沼、池、河川、水田、湿地 など。 千葉・谷津干潟、三番瀬、盤洲干潟、東京・葛西臨海公園 などで見られた。 

 セイタカシギの特徴は、雌雄ほぼ同色。 雌雄ともに、頭部の白色と黒色の入り方には個体変異がある。 体下面は白っぽい。 嘴は黒くて、細長い。 足は非常に長くて赤い。


セイタカシギ-4.jpg

セイタカシギ-2.jpg

セイタカシギ-6.jpg

セイタカシギ-3.jpg

 写真 ①、②、③、④、⑤ は、千葉・谷津干潟、三番瀬、盤洲干潟 などで撮ったものを貼付しました。



備考 : これまで見られた野鳥たちを、日本鳥類目録改訂第7版(日本鳥学会2012)を基に、ほぼその記載されている鳥類リスト順に「散歩道での野鳥たち<野鳥名>」のタイトルで掲載しております。(#112)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント