リニューアルオープンした千葉市美術館へ、再び訪れて

profile_icon

 千葉市美術館は、これまで千葉市中央区役所との複合施設であったフロアを改修して、建物すべてが美術館にするため 今年 1月 ~ 7月まで休館していたが、7月11日(土) リニューアルオープンした。

 7月18日(土)千葉市美術館に出掛け、常設展示室で 「千葉市美術館 コレクション名品選 2020」 、企画展示室で 「千葉市美術館 拡張リニューアルオープン ・ 開館25周年記念 帰ってきた! どうぶつ大行進」 を鑑賞した。 今回 7月29日(土)再び 千葉市美術館に出掛け、ゆっくり鑑賞したいと思っていた常設展示の 「千葉市美術館コレクション名品選 2020」 だけを鑑賞した。(7/29)


 「描かれた千葉市と房総の海辺」 コーナー

profile_icon
ジョルジュ・ビゴー <古井戸のある風景>



profile_icon
ジョルジュ・ビゴー <稲毛・五月の節句>



profile_icon
ジョルジュ・ビゴー <稲毛海岸>



profile_icon
多々羅義雄 <房州布良ヲ写ス>



profile_icon
小林猶治郎 <一本腕の郵便脚夫>



profile_icon
無縁寺心澄 <千葉中時計台>



profile_icon
無縁寺心澄 <県庁裏(羽衣公園)藤棚>



profile_icon
曽宮一念 <うみべの村・於波太>



profile_icon
大久保作次郎 <潮風>


 以上 9点が「描かれた千葉市と房総の海辺」 コーナーに 展示されていた作品 (写真 ② ~ ⑩) です。


 「美人画百花 描かれたひとびと」 コーナー

 菱川師宣、喜多川歌麿、歌川広重、鈴木春信、竹久夢二、伊東深水 などの 名品が 36点が展示されており、その中から 葛飾北斎 <富嶽三十六景 神奈川沖浪裏>(写真 ①) を冒頭に貼付しました。


 「1945年以降の現代美術 特集 草間彌生」 コーナー

最後の晩餐.jpg
草間彌生 <最後の晩餐>


 12点の作品が展示されており、あの独特の作風を感じつつ鑑賞することが出来ました。 その中から 草間彌生 <最後の晩餐> (写真⑪) を貼付しました。( 注 : 全作品とも<撮影禁止>になっていましたが、この画像はある資料に載っていたものを参考まで貼付させて頂きました。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント