テーマ:美術館

国立新美術館で「クリムト、シーレ 世紀末への道」を鑑賞

 国立新美術館で、「日本 ・オーストリア外交樹立150周年記念 ウィーン ・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」 企画展が、4/24 ~ 8/5 まで開催されているというので出掛けた。 (6/01)  JR総武線に乗車して西船橋駅で下車、東京メトロ東西線に乗換え、日本橋駅で銀座線に乗換え、さらに表参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「富取風堂ー洗練の素朴ー」展などを鑑賞して

 千葉県立美術館で開催中(4/20 ~ 7/7) の 「富取風堂ー洗練の素朴ー」展 を鑑賞した。  なお、同時に開催中の 「近代洋画の先駆者 浅井忠(第10期)ー浅井忠の洋画ー」展、「屏風になった作品たちーそれぞれの物語ー」展も鑑賞した。 (4/27)  「富取風堂ー洗練の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別展「両陛下と文化交流ー日本美を伝えるー」を鑑賞して

 東京国立博物館で開催中の 特別展 「両陛下と文化交流ー日本美を伝えるー」 と、宮内庁三の丸尚蔵館で開催中の 御即位30年 ・御成婚 60年記念特別展 「御製 ・御歌でたどる両陛下の 30年」 を鑑賞した。 (3/14)  先月2月24日に 「待ち遠しい 特別展 『両陛下と文化交流ー日本美を伝えるー』 」 のタイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待ち遠しい 特別展「両陛下と文化交流ー日本美を伝えるー」

 東京国立博物館で、3月5日 ~ 4月29日 まで開催されるという 特別展 「両陛下と文化交流ー日本美を伝えるー」が、今から待ち遠しい。  この内容は、2月10日付の 読売新聞 朝刊(特別面) に掲載されていたので、知ることが出来た。  この特別展を鑑賞する前に、予備知識として大変参考になるものと思い、記載することにしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉市美術館で「世界絵本原画展」を鑑賞して

 千葉市美術館では「ブラティスラヴァ 世界絵本原画展 ~BIBで出会う絵本のいま~」 ( 2019.1.20 ~ 3.3 )が開催中とのこと。 世界各国の作家による絵本原画約 200点と絵本および関連資料が展示されているとのこと、見たいものだと出掛けることにした。  なお、同時開催の 「千葉市美術館 ー 新収蔵作品展」 も鑑賞すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第25回千葉読売写真展を見て

 千葉県立美術館で開催中の 「中山忠彦 ~永遠の美を求めて~ 」展 (2018/11/3 ~ 2019/1/20) に出掛けた時に、第6展示室で開催されていた 「第25回 千葉読売写真展」 (公募展、会員展) (2019/1/8 ~ 2019/1/20) も見学した。 (1/17)  千葉読売写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中山忠彦 ~永遠の美を求めて~ 」展を鑑賞して

 千葉県立美術館では、「中山忠彦 ~永遠の美を求めて~ 」展 (2018/11/3 ~ 2019/1/20) が開催中とのこと。  油彩画や版画、デッサン等 75点の作品、制作に使用されたという ドレスや帽子、扇子等の画家自身のコレクションも展示されており、鑑賞した。 (1/17)  JR京葉線千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県美術展覧会(県展)を鑑賞して (続)

 第68回 千葉県美術展覧会(県展)が、千葉県立美術館で開催されている。  前回は、前期日程の日本画 ・彫刻 ・書道部門を 10/06 に鑑賞、10/10付けで当ブログに掲載しました。  今回は、後期日程の洋画 ・工芸部門を 10/20に鑑賞、その作品の中から鳥(野鳥や家禽など)を描いた洋画作品を主に紹介させて頂きました。 (10/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県美術展覧会(県展)を鑑賞して

 第68回 千葉県美術展覧会(県展)が、千葉県立美術館で開催されているというので出掛けた。  主に日本画を鑑賞、その中から野鳥を描いた作品を紹介させて頂きます。 (10/06)  JR京葉線千葉みなと駅から、県展が開かれている 千葉県立美術館 に向かった。  会場に到着すると、今日 10月6日(土)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野の森美術館で「日本の自然を描く展」を鑑賞して

 初めての上野の森美術館 、ここで 開催中の 「日本の自然を描く展」 と 「上野の森美術館所蔵近代版画展 ~ 創作版画と新版画 ~ 」 を鑑賞した。 (8/18)  上野の森美術館 は、恥ずかしながら初めてです。 ( 近くの国立西洋美術館、国立科学博物館、東京国立博物館、東京都美術館、上野動物園などは入ったことはあります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「木版画の神様 平塚運一展 」 を鑑賞して(続)

 先月 7月24日に 「木版画の神様 平塚運一展を鑑賞して」 のタイトルで当ブログに掲載しましたが、版画家 平塚運一をもう少し知りたいと思い、平塚運一の著書 「版画の国 日本」 (発行所 阿部出版) を読んだ。   この中には 「初心を忘れず一日一日を大切に 二百歳までも元気に制作に励んで行きたい 」 とあるように、木版墨摺の ≪齢九…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本赤十字社所蔵美術展を鑑賞して

 千葉県立美術館で開催中(7/14 ~ 9/24)の日本赤十字社所蔵美術展~いつまでも変わらない人道への想い~ を鑑賞した。  赤十字活動の理念である 「人道」 に共感した日本美術を代表する作家たちの寄贈による日本画、洋画、工芸など約 60点ほどの作品が展示されているとのこと、大変興味深く鑑賞することができた。 (8/05) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「木版画の神様 平塚運一展 」を鑑賞して

 平塚 運一 (1895 ~ 1997) は、島根県八束郡津田村 (現 松江市) 出身の版画家。  生涯 版画三昧! 102歳まで生きた木版画のレジェンド待望の回顧展 「木版画の神様 平塚運一展 」 が、千葉市美術館で開催中 (7/14 ~ 9/9) とのことで鑑賞した。 (7/19)  7月13日付けの 新聞広告 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐倉市立美術館の「収蔵作品展」 を鑑賞して

 佐倉市立美術館で 「収蔵作品展 佐倉美術協会の 70年」 が、5/12 ~ 6/24 まで開催されているというので、最終日の今日(6/24)出掛けることにした。 (6/24)  佐倉市立美術館は、千葉県佐倉市新町にあり、収蔵物は佐倉市と房総ゆかりの 浅井忠、都鳥英喜、荒谷直之介、香取秀真、津田信夫、堀柳女などの作家を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「かこさとしさん、喜びをありがとう ! 」展を鑑賞して

「プロフェッショナル 仕事の流儀~ただ、こどもたちのために かこさとし最後の記録」 が 6月4日 22:25 ~ 23:10 に NHKテレビ で放映された。 この放映が起因(基因)したのか? 緊急企画 「かこさとしさん、喜びをありがとう ! 」 展 が、会場 : こみなと稲毛ギャラリー (千葉市稲毛区小仲台 ・こみなと稲毛ビル 5F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立西洋美術館の常設展などを鑑賞して

国立西洋美術館の ル・コルビュジェ 設計の本館、その前庭の ロダン や ブールデル の彫刻群、および 常設展示の オールド・マスター絵画、モネ、ルノワールなどの絵画なども、興味深く鑑賞した。 (5/23) 国立西洋美術館で、企画展 「日本スペイン外交関係樹立 150周年記念 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」 を 会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」を鑑賞して

国立西洋美術館で、会期 ( ~5/27)終了間近かの 企画展 「日本スペイン外交関係樹立 150周年記念 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」 を鑑賞した。 (5/23) 国立西洋美術館ニュース 「ZEPHYROS 第74号」 によれば、「プラド美術館は、1819年に歴代のスペイン王室コレクションを核に設立された美術館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「原勝郎と板倉鼎 ~それぞれの巴里~」展覧会へ

千葉県立美術館では、1920年代にパリにわたった、千葉県ゆかりの 原勝郎と板倉鼎 の二人を取り上げて、両人の油彩画およびスケッチを関連作家の作品と共に紹介する 「原勝郎と板倉鼎 ~それぞれの巴里~」 展覧会 が開催中 (4/21 ~ 7/8)。 同時開催の 「近代洋画の先駆者 浅井 忠 ~ 浅井忠のドローイング ~ 」 と 「ガラス工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉市美術館で「百花繚乱列島 -江戸諸国絵師めぐり-」を

千葉市美術館で「百花繚乱列島 - 江戸諸国絵師めぐり - 」 と題した展覧会が開かれています。 全国津々浦々の御用絵師などの作品が見られ、また 「百花繚乱列島」 という展覧会の題名にも惹かれて、出掛けることにしました。 (4/29) JR総武線千葉駅で下車、北口駅前から南矢作行のバスに乗車して大和橋バス停で下車した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DIC川村記念美術館の企画展を鑑賞して

千葉・佐倉市にある DIC川村記念美術館 で、企画展 「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画」 が、9月9日 ~12月3日 まで開催されているという。 また、常設展示されている 「レンブラント、ルノワール、モネ、シャガール、ピカソ などの西欧絵画、横山大観、尾形光琳 などの日本絵画などの名品 」 も鑑賞したいと思い、出掛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県立美術館で「金子周次 版画展」を鑑賞して

千葉県立美術館で 2017/4/22 ~ 7/9 まで開催された 「金子周次 版画展 ~ 波のひびきのそまる聞ゆ ~ 」 、同時に開催されていた 「浅井 忠 ~ 旅する画家 ~ 」、「みづゑの魅力」 も鑑賞した。  (7/01) 千葉県立美術館で開催された 「金子周次 版画展 ~ 波のひびきのそまる聞ゆ ~ 」、 「浅井 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県立美術館、千葉市美術館を巡って

江戸の浮世絵師 鈴木春信の名品を集めた ボストン美術館の収蔵展が、千葉市美術館で開催されているという。 また、千葉県立美術館では、平成29年度特別展 「立体造形の現在・過去・未来 The フィギュア in チバ」 が開催されているというので、両方の美術館とも出掛けることにした。 (9/15、9/17) {%クローバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立新美術館 で ルノワール展 を鑑賞して

世界でも有数のルノワール・コレクションを誇る フランス・パリのオルセー美術館とオランジュリー美術館が所蔵する 画家 ピエール・オーギュスト・ルノワール(1841~1919)の絵画、彫刻、デッサン、パステル、貴重な資料などを展示する 「ルノワール展」 が、国立新美術館(東京都港区六本木)で開催されているというので 出掛けた。 ルノワール…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アート・コレクション 「房総と近代美術」 などを鑑賞して

千葉県立美術館では、千葉県ゆかりの作家や作品を中心に、日本画 ・洋画 ・彫刻 ・工芸 ・書 ・版画など、約 2,300点の作品を収蔵しているとのこと。 今回は、収蔵作品から 「房総と近代美術」 と題して紹介する アート・コレクション で、第 1展示室では 「工芸、日本画、洋画」 を、第 2展示室では 「浅井忠 コーナー」 として展示す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立新美術館で「ルーヴル美術館展」を鑑賞して

国立新美術館で 「 ルーヴル美術館展 日常を描く - 風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄 」 と題した企画展が 2/01 ~ 6/01 まで 開催されているというので出掛けた。 ルーヴル美術館のコレクションから、フェルメールの傑作 「天文学者」 のほか、ドラクロア、ミレー、レンブラント、ルーベンスなど、約 80点の名画を鑑賞することがで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松岡美術館で色彩豊かな中国陶磁などを鑑賞して

東京・白金台にある松岡美術館では、古代オリエント美術、現代彫刻、古代東洋彫刻の作品が常設展示、他に ~ 12月19日まで、企画展示 「カラフル」 と題して 「カラフル・チャイナ」 = 色彩豊かな中国陶磁の装飾美の作品、「四季の色彩Ⅰ、Ⅱ」 = 著名な作家による四季の風景画、日本画などの作品 が展示されており、これらを鑑賞した。 昼食は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花の花と千葉県立美術館の展示作品を鑑賞して

梅雨空のもと、散歩の途中に美しく咲いている紫陽花の花に出合った。 さらに梅雨の晴れ間には、千葉県立美術館で開催中のアート・コレクション 「浅井 忠 ・フォンタネージ と バルビゾン派」、「夏を描く」、「いきものいろいろ」 などを鑑賞した。 (6/15、17)  紫陽花の花に出合って (6/15)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DIC川村記念美術館と自然散策路などを巡って

里山の地形を生かした庭園内にあるDIC川村記念美術館は、レンブラント、モネ、ルノワールなどの絵画から、ピカソ、シャガールなどの西洋近代美術、日本の屏風絵、そしてアメリカ近代美術まで幅広いジャンルの作品が楽しめる美術館で、その作品鑑賞と庭園内の自然散策路などを散策した。 (11/26) 佐倉市坂戸にある DIC川村記念美術館 は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

千葉県立美術館で「山下 清」展を鑑賞して

「日本のゴッホ」、「放浪の天才画家」ともよばれている 山下 清 は、東京に生まれ、12歳の時に千葉県市川市の八幡学園に入園した千葉県ゆかりの芸術家。 千葉県立美術館では、5月28日から 7月10日まで 「山下 清」展が開催されているので出掛けた。 (6/14) 千葉県立美術館 発行の 特別企画展 放浪の天才画家 「 山下 清 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉市美術館でボストン美術館浮世絵名品展を鑑賞して

千葉市美術館で開催中 (4/26~6/5) の 「ボストン美術館浮世絵名品展」 は、「ボストン美術館に所蔵される浮世絵の中でも最も華やかに錦絵が展開した天明 ・寛政期 ( 1781~1801 ) を取り上げ、鳥居清長、喜多川歌麿、東洲斎写楽 の名品を中心に、同時代の浮世絵師の作品を加えた約 140点を展示する」 とのこと。 今回その名品…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more