散歩道での野鳥たち<メジロガモ>

メジロガモ(目白鴨) カモ目カモ科、全長 ( L ): 40 ㎝。  湖沼、池、河川など。 東京、神奈川の公園などで見た。  野鳥図鑑には、「成鳥雄は全体が褐色で、頭部と胸は赤褐色味をおびる。 下尾筒は白い。 成鳥雌は全体に褐色で、頭部と胸に赤褐色味がない。」とある。  写真 …
コメント:0

続きを読むread more

散歩道での野鳥たち<オオメダイチドリ>

オオメダイチドリ(大目大千鳥) チドリ目チドリ科 全長(L) 24㎝  海岸の砂浜、干潟、河口 など。 千葉・盤洲干潟、谷津干潟、三番瀬 などで見られた。   オオメダイチドリの特徴は、雌雄同色。 メダイチドリより明らかに大きい。 成鳥夏羽はメダイチドリによく似ているが、喉の白い部分を囲む黒線がない。 嘴も同じ黒色だが…
コメント:0

続きを読むread more

初春の三番瀬で探鳥を楽しんで

 1月20日は 「大寒」、18日は 千葉でも初めて小雪がチラホラ舞ったが、19日朝は風もなく晴れわたって穏やかな一日でした。 そんなで初春の三番瀬で、この時季の野鳥を探しに出掛けた。 (1/19)  京成船橋駅前から、船橋海浜公園行のバスに乗車して終点で下車した。  9:30、「船橋海浜公園」( =「ふな…
コメント:0

続きを読むread more

初春の花島公園から花見川沿いを散策して

 初春の花島公園から花見川沿いを散策して、カルガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、バン、オオバン、トビ、オオタカ、カワセミ、モズ、カケス、ヤマガラ、エナガ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、カワラヒワ、シメ、アオジ など、35種が見られた。 (1/12)  JR総武線新検見川駅の北口バスタ…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道での野鳥たち<ソリハシセイタカシギ>

ソリハシセイタカシギ(反嘴丈高鷸) チドリ目セイタカシギ科 全長(L) 43㎝  干潟、海岸の砂浜、汽水湖、河口など。 千葉・谷津干潟、盤洲干潟 などで見られた。   ソリハシセイタカシギの特徴は、雌雄同色。 羽色は黒と白で、嘴が細くて、先が反り上がっている。 嘴は成鳥、幼鳥とも黒、足は青灰色だが、幼鳥の足は褐色味を帯…
コメント:0

続きを読むread more

明治神宮新春探鳥会を楽しんで

 今年2020年に 鎮座100周年を迎えるという由緒ある明治神宮境内で、今年も探鳥させていただいた。 毎年ほぼ見られている 常連の オオタカ、カワセミ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ツグミ、シメ、アオジ などが見られ、全部で 31種も確認できたが、残念ながら今年も期待していた オシドリ は見られなかった。 (1/09) …
コメント:0

続きを読むread more

散歩道での野鳥たち<セイタカシギ>

セイタカシギ(丈高鷸) チドリ目セイタカシギ科 全長(L) 37㎝  干潟、河口、海岸に近い湖沼、池、河川、水田、湿地 など。 千葉・谷津干潟、三番瀬、盤洲干潟、東京・葛西臨海公園 などで見られた。   セイタカシギの特徴は、雌雄ほぼ同色。 雌雄ともに、頭部の白色と黒色の入り方には個体変異がある。 体下面は白っぽい。 …
コメント:0

続きを読むread more