銀座四丁目界隈の散策と食事を楽しんで

画像先月 9月 11日(土)に リニューアルオープンした銀座三越、これまでの本館に加え新館がオープンした。今日はその銀座三越のライオン口で知人と待ち合わせ、銀座 4丁目界隈を散策した後、銀座 5丁目にある日本料理屋で料理長お勧めの新鮮な旬の素材を調理した料理とお酒を楽しむことにした。 (10/19)


知人との待ち合わせは、銀座 4丁目交差点にある銀座三越のライオン口で 17時30分。 私はその 30分前に到着して銀座 4丁目界隈を散策した。

銀座のシンボルといえば銀座 4丁目角に建つ時計塔のある 「和光本館」 だが、それは後ほど巡ることにして、先ずは先月 9月 11日(土)に リニューアルオープンした 銀座三越 へ。(写真 ①)

これまでの銀座通り側の本館の改修と、地下 3階~地上 12階建ての新館を昭和通り側に新設、さらに本館と新館の間は地上 1、2階にパサージュ(通路)を設け、地上 3階 ~ 8階は両館フロアを完全に一体化して広いスペースを作り出し売り場面積は約 3万 6000㎡ (約 1.5倍)に拡大してオープンしたとのこと。 なお、各フロアを巡るのは後日ゆっくりと楽しむことにする。

画像

続いては、銀座のシンボル 銀座 4丁目の角に建つ時計塔のある「和光本館」へ。 ここは昨年、改修工事中が行われ昨年 11月22日に リニューアルオープン した。 (写真 ②)

明治 28年、ここ銀座 4丁目の角に初代 時計塔を頂いた「服部時計店本店」が誕生した。 昭和 7年 二代目時計塔は「銀座の服部」、「SEIKO」本社ビルとして親しまれ、昭和 27年からは 「和光本館」 として銀座の街のシンボルとして親しまれてきた。 昨年の改修工事は、二代目時計塔が 76年ぶりに全面的 リニューアル改修工事が行われたとのこと。 私の楽しみ方は、時計塔を頂いた建物外観と ショーウィンドー を眺めること、館内に入ったことがないので外観からは今まで通りとしか思えないが。 (写真 ③)

画像
画像

銀座 4丁目の交差点を挟んで和光の向かい側には日産銀座ギャラリー、ここには 「100% 電気自動車 排出ガスゼロ」 という 日産リーフ が展示されていた。 (写真 ④)

日産リーフ の仕様は、定員 5人、 最高速度 140㎞/h 以上、 駆動方式 モーター前置き、前輪駆動、 電池 ラミネート型 リチウムイオンバッテリー、 走行距離 160㎞以上 など。 日産リーフ の特徴をデジタルモニターで詳しく紹介し、急速充電器のサンプルも展示されていた。

画像

銀座 4丁目交番の隣には、和菓子 や かのこ で知られる 「あけぼの」 と すずらん通りにある 「鹿乃子」 、さらに 銀座通りには 「三愛」、江戸時代創業の京都 筆墨の老舗 「鳩居堂」 などがある。 鳩居堂のショーウィンドーには来年の干支の卯が見られ、さらに店内の商品を見るのも楽しみの一つ。 (写真 ⑤)

画像

間もなく 17時30分、待ち合わせの場所である銀座三越のライオン口に行くと、知人が待っていてくれた。
早速、銀座通り 銀座 5丁目にある 日本料理屋 に向った。

この店の本店は能登半島 ・和倉温泉にあり、ここはその銀座店。 なお本店は 「プロが選ぶ日本のホテル・旅館 100選」 で30年連続して総合日本一の評価を得ているとのことで、銀座店の料理も期待できるものと思い選んだ。

画像
画像

日本料理には美味しい日本酒、加賀 ・能登の地酒には 天狗舞や菊姫などがあるとのことで期待したい。
ゆったりした個室で、先ずはビールで乾杯。!  料理長自慢の旬の素材を吟味した 料理 が次々に運ばれ、こちらも日本酒と談笑に弾みがつき大いに食べて飲んだ。 美味しい料理とお酒に大満足。 (写真 ⑥、⑦、⑧)

もう 9時を過ぎていた。 知人が、最近 評判だという 「南部美人」 (大吟醸 芳醇) をお土産にと頂いた、ゆっくり味わいたいと思っている。 どうも有難うございました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント