千葉市・青葉の森公園を散策して

 青葉の森公園( 千葉市中央区青葉町 )を散策して、この時季の野鳥を探した。 なお、ここは 農林水産省畜産試験場の跡地 につくられた 53.7haの 千葉県立公園で 、1987年(昭和62年)に開園したとのこと。 園内には、ネイチャーゾーン、レクリエーションゾーン、カルチャーゾーン、スポーツゾーンに分けられており、陸上競技場などのス…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道での野鳥たち<メダイチドリ>

メダイチドリ(目大千鳥) チドリ目チドリ科 全長(L) 19㎝  海岸の砂浜、干潟、河口、河川。 水田や湿地などにも入る。 千葉・小櫃川、谷津干潟、三番瀬 などで見られた。   メダイチドリの特徴は、成鳥夏羽雄は額が白く、中央に縦の黒線がある。 前頭は黒く、太い黒色の過眼線につながる。 …
コメント:0

続きを読むread more

西印旛沼、令和元年12月の野鳥たち

 京成臼井駅から、宿内公園、臼井城址公園、西印旛沼畔まで散策して、この時季の野鳥を探した。 なお、西印旛沼畔へ出掛けるのは 7ヶ月ぶりで、前回出掛けたのは 5月 (2019/ 5/19)で、今回は 12月ということで 出現する野鳥種も違いが出るものと思われ、大変興味深く期待している。(12/15)  参考まで、前回出掛けた…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道での野鳥たち<シロチドリ>

シロチドリ(白千鳥) チドリ目チドリ科 全長(L) 17㎝  海岸の砂浜、河口、干潟、河川、沿岸の造成地や埋立地など。 千葉・小櫃川、谷津干潟、三番瀬 などで見られた。   シロチドリの特徴は、雌雄ほぼ同色。 成鳥夏羽雄は額と眉斑は白色で、前頭は黒く、頭頂と後頭は橙黄褐色。 黒い過眼線がある。 …
コメント:0

続きを読むread more

初冬の秋保温泉(仙台市秋保町)へ

 12月も中旬、仙台市郊外にある秋保温泉で温泉とグルメを楽しんだ。(12/11、12)  秋保温泉(あきうおんせん)は、「 宮城県仙台市太白区秋保町湯元に位置する温泉。 仙台都心からも近いため、宿泊のみならず 日帰り入浴にも利用されている。 同じ宮城県の鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに『 奥州三名湯 』の 1つと…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道での野鳥たち<コチドリ>

コチドリ(小千鳥) チドリ目チドリ科 全長(L) 16㎝  河川、埋立地、造成地の草野少ない砂泥地や砂礫地など。 千葉・南房総、小櫃川、谷津干潟などで見られた。   コチドリの特徴は、雌雄ほぼ同色。 成鳥夏羽は額が白く、前頭が黒い。 頭頂は暗灰色で、前頭の黒色との間に白線がはっきりある。 …
コメント:0

続きを読むread more

千葉ニュータウン中央駅から、北総花の丘公園と戸神川沿いへ

 北総線千葉ニュータウン中央駅から、千葉県立北総花の丘公園(印西市)や 戸神集落・戸神谷津 などを巡って、オオハクチョウ、オシドリ、トモエガモ (写真 ①)、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、チョウゲンボウ(コチョウゲンボウ?)、モズ、ヤマガラ、シジュウカラ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ジ…
コメント:1

続きを読むread more

散歩道での野鳥たち<イカルチドリ>

イカルチドリ チドリ目チドリ科 全長(L) 21㎝  砂礫がある河川、湖沼、池、水田など。 千葉・南房総、小櫃川、流山などで見られた。   イカルチドリの特徴は、雌雄ほぼ同色。 成鳥の額は白く、頭は暗灰色。 前頭と過眼線は黒いが、淡色。  写真 ①、②、③、④、⑤ は、千葉…
コメント:0

続きを読むread more

初冬の盤洲干潟では、どんな カモ類、シギ・チドリ類 が見られるのか ??

 房総半島の中程を流れる小櫃川の河口に広がる盤洲干潟、この時季どんな野鳥 ~ 特に カモ類、シギ・チドリ類 など ~ が見られるのだろうか。 なお、小櫃川は「 房総丘陵南部の清澄山系から 君津・袖ヶ浦・木更津市域を流れる、長さ 88㎞の千葉県内に水源のある川では最も長い流れ 」で、盤洲干潟は「 その小櫃川の河口域に、砂や土が堆積…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道での野鳥たち<ダイゼン>

ダイゼン(大膳) チドリ目チドリ科 全長(L) 29㎝  海岸の干潟、砂浜、河口など。 千葉・三番瀬、谷津干潟、小櫃川河口、南房総 ・ 海岸などで見られた。   ダイゼンの特徴は、雌雄同色。 成鳥夏羽は額から眉斑を通って胸側にかけて白い。 頭頂から後頸は白くて、黒褐色の班が入る。 …
コメント:0

続きを読むread more