旧東大緑地植物実験所のハス見本園を見学して

profile_icon
 毎年楽しみにしている 東京大学の旧東大緑地植物実験所の大賀ハスをはじめとする国内外の花蓮のハス見本園を一般開放する「観蓮会」が、今年(2020年)は如何なるのか心配していましたが、このほど配布された 「ちば市政だより 花見川区版」 No.340 (7月)号 に 「 7/11、12、18、19、25、26 の 7:00 ~ 10:00 に見られる 」 との記載があり、早速 7月12日(日)に出掛けた。(7/12)



profile_icon
profile_icon
 旧東大緑地植物実験所入口 (写真 ②) を入って緩やかな坂を行くと、大賀ハスのふるさとの会の皆様の案内 (写真 ③) で「ハス品種見本園」に向かった。


profile_icon
profile_icon
profile_icon
 ハス品種見本園 (写真 ④) では多くの皆さんが様々な 花ハスを観賞 (写真 ①、⑤、⑥) していた。

 様々な花蓮を見てきましたので、その中から 花蓮の一部 (写真 ⑦~⑮) をご紹介します。 なお、蓮の花弁の色では 白蓮系統、紅・桃蓮系統、斑蓮系統、爪紅系統、黄紅蓮系統、黄蓮系統 があるとのことですが、簡単に 紅系 と 白系 の 2種に分けてご紹介させて頂きます。

profile_icon
( 碧血丹心 )


profile_icon
( 誠蓮 )


profile_icon
( 姫蓮 )


profile_icon
( 西施殿 )


profile_icon
( 青菱紅蓮 )


profile_icon
( 知里の曙 )


profile_icon
( 翠薇夕照 )


profile_icon
( 廬山白蓮 )


profile_icon
( 真如蓮 )



 他に、天上蓮、漁山紅蓮、ミセススローカム、即非蓮、中日友誼蓮、一点紅、蜀紅蓮、目川西、巨椋池大黒、香葉、艶陽天、紅万々、白繍、天高雲淡、太白蓮、白万々、漢蓮 など、様々な花蓮を楽しむことが出来た。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント